記事

50歳ずん飯尾和樹が振り返る「40歳で食えなくなって清掃のバイトをした話」 テレビっ子・ずん飯尾和樹さんインタビュー #2 - てれびのスキマ

1/2

『さんまのお笑い向上委員会』『マツコ&有吉 かりそめ天国』などのバラエティ番組に加え、最近では『獣になれない私たち』『アンナチュラル』などドラマでも幅広く活躍するずん飯尾和樹さん。

【写真】ずん飯尾さんの写真を見る(全8枚)

 しかし20代でデビューしてから「うだつが上がらない」時期が長く、『いいとも!』レギュラーを経験したあとも「40歳で食えなくなった時期があった」と明かしてくれた。(全3回の2回目/#1、#3も公開中)

◆◆◆


お笑いコンビずんの飯尾和樹さん

「浅井企画の在庫品」こと、飯尾とやすで「ずん」を結成するまで

―― 初めてテレビに出たのは?

飯尾 小学校で少年野球をやっているとき、取材で出たんですよ。多摩川にジャイアンツのグラウンドがあったじゃないですか。二子玉川の河川敷で自分たちの試合があったんですけど、勝ったので、監督が「じゃあみんなで巨人軍見に行こう」って。そしたら清水クーコさん、清水国明さんの亡くなられた奥さんですけど、当時若者のカリスマの女性で、彼女が深夜番組で取材に来てたんですよ。「どこのファン?」って訊かれてみんな「巨人」「巨人」「巨人」って言って。僕だけ「どこのファン?」「ヤクルト」って答えたら、ずっこけられて、それがオンエアになりました(笑)。

―― 芸人になってから初めてのテレビはいつでしょう。

飯尾 デビューして2年目くらい。フジテレビの『五コマくん』っていう番組があったんですけど、4コマ漫画の5コマ目を埋めろというので、浅井企画チームに入れてもらって、キャイ~ンと、自分らと、もう1~2組で30分番組を1回やらしてもらったのがデビューですね。

―― そのとき飯尾さんはまだ「ずん」ではないんですよね。

飯尾 そうですね。小学校の幼馴染みと「チャマーず」というコンビを組んでました。でも1年で解散して、その後、事務所の後輩の村山(ひとし)くんと「La.おかき」というコンビを5年ぐらいやりました。そのコンビの時に奇跡的にウッチャンナンチャンさんの『カボスケ』っていう帯番組でレギュラー出演できたんです。

 村山くんはアイドルが好きで毎年、年末に注目するアイドルを200位くらいまで順位つけてるんですよ。これからの人たちだから全然知らない名前ばっかり。その中で2年連続1位を獲ったのが当時はまだ無名だった菅野美穂ちゃん。「絶対来ますから!」って。それで、アイドルの記事を書いたり、イベントしたり、そっちの方向に行きたいというので解散しました。そのあと2年半ぐらいピンでやってうだつ上がらなくて、最後、「浅井企画の在庫品」こと、飯尾とやすで「ずん」を結成。「リンスとリンスの組み合わせ」でした。なかなか泡立たなかったな(笑)。シャンプーとリンスなら売れたのに、ドラッグストアの在庫処分みたいな(笑)。

キャイ~ンや関根さんの“注射”で「芸人を続けよう」

―― 芸人になってからバイトはやっていました?

飯尾 してましたね。二子玉川で。二子玉はいまあんなきれいになっていますけど、スケートリンクとか、テニスコートがある東急の施設があったんです。その受付やってました。そこで娘さん連れた高田純次さんを見ましたね(笑)。「お釣り、多めにちょうだい」とか言ったりして(笑)。カッコよかったですね~。

―― さっき「うだつが上がらない」って言ってましたけど、芸人を辞めようと思ったことは。

飯尾 やっぱり親からは30歳までは好きなことをやっていいとか言われるじゃないですか。だから「La.おかき」を解散して28~29歳とかになったときに、「そろそろかなあ」って思ったことはありましたね。でも、そういう時に限って、キャイ~ンや関根勤さんとかと食事に行くと、僕のギャグでゲラゲラ笑って、「飯尾、ホント面白いなあ」って言ってくれるんですよ。「あれ? こんな一線でやっている同期と先輩が言うんだから、まだ行けるのかな?」って。そこで“痛み止め注射”を打って、「よし、あと3カ月」って言って続けてる感じでしたね。ピッチャーだったら肩と肘はもうとっくにやられてるのに(笑)。ホント、20代は床ずれするぐらい寝てばっかりでした。

―― そのころは実家暮らしでした?

飯尾 いや、1人暮らしです。それも芸人を続けられた理由かもしれないですね。やっぱり親が一緒にいると心配するじゃないですか。「ずっと芸人続けて大丈夫?」って。だから芸人やりたいんだったら、1人暮らしをお勧めしますね。

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アダルト分野で素顔を晒す是非

    工藤まおり

  2. 2

    吉本芸人は謝罪文をこう書くべき

    永江一石

  3. 3

    よしのり氏「小室家は被害者」

    小林よしのり

  4. 4

    闇営業横行を断罪できぬ芸人たち

    たかまつなな

  5. 5

    韓国が国際法守ればG20会談実現

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  7. 7

    日本で定着 「お金=汚い」の偏見

    内藤忍

  8. 8

    フジ秋元アナが異動 不倫影響か

    女性自身

  9. 9

    今治タオル企業がネットの噂否定

    キャリコネニュース

  10. 10

    NHKで逮捕者 局内に犯罪予備軍か

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。