記事

旅行や引越し時の「心付け」 実はコスパがいい出費との説

旅館の宿泊時には「心付け」を渡す人もいる

 選択肢を増やせるという意味でお金は重要だが、人生が損得だけで割り切れるものでもない。コラムニストの石原壮一郎氏が指摘する。

 * * *

 このところネット上では、「心付け」や「チップ」にまつわる話題が盛り上がっています。海外旅行で日本人がもっとも戸惑うのが、チップをどうすればいいか問題。日本では原則としてチップを渡す習慣はありません。ただ、チップとは似て非なる「心付け」という文化はあります。

 あるツイッターユーザーが、弟が彼女と温泉旅行に行って、旅館側に多めの心付けを渡したことをきっかけに彼女と大ゲンカになり、別れを告げて先に帰ってきたという話を投稿。さまざまな意見が寄せられましたが、多くは「弟さんは悪くない」というコメントでした。それはそれとして「心付けという文化を知りませんでした」という声もちらほら。

「心付け」の是非や自分が渡すかどうかはさておき、そもそも「知らない」という人が少なくない気配なのは、けっこう衝撃的です。もちろん、知らないままでも人生においてとくに差支えはありません。しかし、知ったり実践したりすることで、さまざまな楽しさや快感を味わえます。「心付け」の効能に、あらためてスポットを当ててみましょう。

「心付け」を渡すチャンスがあるのは、日本旅館に泊まったとき、引っ越し業者さんを頼んだとき、家を建てたりリフォームしたりしたとき……などでしょうか。タクシーで重い荷物を積み下ろししてもらったり、路地の奥の奥まで入ってもらったりしたときに、お釣りの端数を「けっこうです」と断わるのも、広い意味では「心付け」の一種ですね。冠婚葬祭にまつわる場面での「心付け」は、またちょっと意味が違うかも。

 強調したいのは「心付けは『義務』ではなく『権利』である」ということ。渡さなくても、マナー違反なんてことはぜんぜんありません。誰にも責められないし、罪悪感を覚える必要もありません。だからこそ、わざわざ渡すことで、こちらの「心」を伝えることができて、渡したほうも渡されたほうも幸せな気持ちになれます。「渡す意味がわからない。もったいないだけ」と思うなら、渡さないほうがいいでしょう。別の意味でもったいない話ですけど、それはそれぞれの考え方です。

 諸説ありますが、「心付け」の金額の目安は、日本旅館の場合は「宿泊費の1割程度」。ただ、4、5人で泊まって宿泊費の合計が6、7万だったとしても、1割にこだわる必要はなく、3000円か5000円か、何だったら2000円でも十分というのが昨今の定説。渡す人が少数派になったおかげで、金額は関係なく渡すだけで相手は驚きと喜びを感じてくれるし、自分自身も「人がやらないことをしている」という気持ちを味わえます。

 引っ越し業者さんには、お茶代+お昼ご飯代になるぐらいが相場。たとえば来てくれたのが1~2人なら2000円、3~4人なら5000円でしょうか。お風呂やトイレをリフォームしてくれる業者さんにも、1日で終わるなら同じぐらい。2日以上かかるならもう少し色をつけて。大工さんには、最初にまとめて「お茶代」として渡したり、ペットボトルのお茶を箱で買って渡したりというケースが多いようです。

 何度も強調しますが、あくまでも「こっちがしたくてやること」なので、もっと張り込んだ金額でも相手は怒らないし、逆に引っ越し業者さんに「助かりました」と感謝しつつペットボトルのお茶1本を渡すだけでも十分です。見栄を張る必要も無理をする必要もありませんが、数千円の出費で、相手に喜んでもらえて自分も渡す快感も味わえて、旅行だったらいい気分で過ごせて、引っ越しだったら新生活を気持ちよくスタートできることを思えば、かなりコストパフォーマンスがいい出費だと言えるでしょう。

「1円でも余分に払ったら損」「向こうは仕事なんだから感謝なんてしたら損」と思っている人には、残念ながらこの手の「得」は味わえません。そして、せっかく「心付け」を渡せるチャンスがあっても、相手を下に見て「ほら、とっとけ」という態度や発想しかできない人も、「心付け」がもたらしてくれる幸せとは無縁です。

 なかなか微妙で難しい行為ですが、だからこそ挑み甲斐があるというもの。大人としてひと皮むけるための課題として、人生をより楽しくするための手段として、「心付け」という文化を利用させてもらいましょう。「そんな面倒臭いことしてられるか!」「時代遅れのくだらない習慣だ!」と思った方は、読み流していただいてけっこうです。

あわせて読みたい

「旅行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「安保破棄してくれ」

    小林よしのり

  2. 2

    奨学金延滞の若者が次々と裁判に

    BLOGOS編集部

  3. 3

    日本の本気を選挙対策とみる韓国

    tenten99

  4. 4

    田原氏「麻生大臣とんでもない」

    田原総一朗

  5. 5

    彼女の生理日を知りたい男性9割

    工藤まおり

  6. 6

    海外まできて日本叩く迷惑な人々

    文春オンライン

  7. 7

    堀江氏の保育士めぐる発言に反論

    田中俊英

  8. 8

    点滴を巡る朝日記事に医師が憤り

    高山義浩

  9. 9

    LIXIL総会で株主側が異例の勝利

    川北英隆

  10. 10

    すぐバレる嘘で窮地に陥る文政権

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。