記事

ノーと言えないのが現在の日本

アメリカの後ろ盾がなければ、日本の安全保障は実に心許ないことになるのは、皆さん、十分ご承知のはずである。

アメリカとの同盟関係の強化は引き続き必要だと認識しているが、それでは未来永劫それでいいのかと問われると、いつかは日本は独自の道を歩まざる得ない日が来るだろうと答えざるを得ない。

未来は常に不確実である。

いつかはノーと言える日本になりたいと思っているが、しかし今はノーとは言えない。これが、私の偽らざる感想である。

だからと言って、どんなことでもトランプ大統領の言いなりになっているように見えることは避けた方がいい。

ゴルフ?

悪くはないが、ちょっとやり過ぎたかも知れない。国民の中には、多少プライドを傷つけられた人がいるかも知れない。

大相撲の観戦?

これは明らかにやり過ぎだ。

これが日本の現状だということである。

皆さん、これでいいのかしら?

あわせて読みたい

「日米同盟」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  4. 4

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  5. 5

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  6. 6

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  7. 7

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  8. 8

    「北九州第2波」の表現は大げさ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  10. 10

    木下優樹菜が復帰できない事情

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。