記事

ノーと言えないのが現在の日本

アメリカの後ろ盾がなければ、日本の安全保障は実に心許ないことになるのは、皆さん、十分ご承知のはずである。

アメリカとの同盟関係の強化は引き続き必要だと認識しているが、それでは未来永劫それでいいのかと問われると、いつかは日本は独自の道を歩まざる得ない日が来るだろうと答えざるを得ない。

未来は常に不確実である。

いつかはノーと言える日本になりたいと思っているが、しかし今はノーとは言えない。これが、私の偽らざる感想である。

だからと言って、どんなことでもトランプ大統領の言いなりになっているように見えることは避けた方がいい。

ゴルフ?

悪くはないが、ちょっとやり過ぎたかも知れない。国民の中には、多少プライドを傷つけられた人がいるかも知れない。

大相撲の観戦?

これは明らかにやり過ぎだ。

これが日本の現状だということである。

皆さん、これでいいのかしら?

あわせて読みたい

「日米同盟」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  4. 4

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  5. 5

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  6. 6

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  7. 7

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  8. 8

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  10. 10

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。