記事

"新プリキュア"にある海外向けの隠れ要素

1/2

15年続く日曜朝の女児向けアニメ「プリキュア」。今年2月から始まった最新作では、父親はメキシコ人、母親は日本人というキャラが登場している。ほかにも「海外展開」を意識した要素がいくつもあるという。狙いはなにか。女児向けマーケティングの最先端について、柳川あかりプロデューサーとサイバーエージェント次世代生活研究所・所長の原田曜平氏の対談をお届けしよう――。(後編/全2回)

「スタプリ」のプロデューサーを務める東映アニメーションの柳川あかりさん。(撮影=プレジデントオンライン編集部、以下すべて同じ)

アニメ好きだからこそ「売れるアニメ」を考えたかった

【原田】柳川さんは、どうして東映アニメーションに入社したんですか?

【柳川】実は、もともと好きだったのは子供向けの商業アニメではなく、アートアニメーションなんですよ。日本の作品だと作家性の強いものを好んで観ていました。

【原田】「プリキュア」からはかなり遠いですね。

【柳川】結局、そういう作品って商業的な爆発はなかなかしない。それがすごく残念で、じゃあ広く売るにはどうしたらいいんだろう、発信するのが大事じゃないだろうかというところで興味が広がり、東映アニメーションに行き着きました。映像を多角的に売る企業としては、アニメの制作会社の中では最大手だと思うので。

【原田】アニメは自動車と並ぶぐらい世界で日本のプレゼンスを高めているのにもかかわらず、業界全体の職場環境が悪く、食べていくことも大変な人が多いみたいだね。日本は「職人の国」だから、好きなものを作ることには世界でも圧倒的に長けている。一方、アメリカや韓国なんかに比べると、外に売るのが本当にへたくそ。そんな状況にやきもきして、アニメ好きだからこそ「売れるアニメ」について考えられる場に身を置いたわけだね。

スター☆トゥインクルプリキュアの4人の主人公。テーマは「ネオ80's」と「宇宙かわいい」だ。©ABC-A・東映アニメーション

【原田】東映アニメーションはかなりの老舗で、「プリキュア」も15年続く長期シリーズだけど、そのプロデューサーを担うことについて、プレッシャーはなかったんですか?

【柳川】前作の「HUGっと!プリキュア」が15周年作品だったので、その後だから大変じゃない? みたいなお声も色んな方からいただきはしたんですけど、自分自身としてはそんなにプレッシャーに感じてないんですよ。

プリキュアのコアのひとつは「肉弾戦」

【原田】そう? 歌舞伎役者だって親の名前を襲名したらプレッシャーを感じると思うけど、君があまりプレッシャーを感じておらず、しかも、リスクをとっていろいろと新しいチャレンジを試みることができている理由って何だろう?

【柳川】怖さよりも、新しいものを作り出すワクワク感の方が勝っているからでしょうか。原作なしのオリジナルとしては、初めて手がける作品ということもあり、子供たちに向けてどんなメッセージを伝えたいか、どんなコンセプトで映像を作りたいかなど、自分の28年間の経験や思いが高い純度で盛り込まれているという点も大きいです。

また毎年スタッフが入れ替わり、モチーフやキャラクターが一新するその振り幅こそが番組が長く愛されている理由だとも思うので、自分が信じる「プリキュア像」を精いっぱいお届けでできればと思います。

【原田】基本的に毎年キャラクターや舞台が一新されていますが、変えちゃいけないコンセプトというか、ブランド論でいうところのブランドの「コアエッセンス」みたいなものはあるんですか?

【柳川】まだうまく言語化できていませんが、ひとつ言うなら、「肉弾戦」かもしれません。2004年の第1作目「ふたりはプリキュア」が掲げていたキャッチコピーは「女の子だって暴れたい!」で、従来の女の子イメージを突破するものでした。それまでの女の子向けアニメにも魔法を使った敵とのバトルはありましたが、肉体を駆使して直接のぶつかり合いはなかったので。

「フェニミズムを掲げた作品」という認識はない

【原田】そうなんだ! 「肉弾戦」ってプロレスかアメフトみたいだね(笑)。「美少女戦士セーラームーン」にもバトルシーンはあったけど、女性らしく優雅でエレガントだった。プリキュアのほうが明らかに激しい。うちの娘が「肉弾戦」を見て育つと思うと末恐ろしい……。この「肉弾戦」というコアエッセンスの根底には、フェミニズム的な考えはあったんですか?

【柳川】ネットスラング的に言うところの「ポリコレ棒でたたかれるといけないから、配慮する」ということではなく、あくまでその時々の制作陣が子供たちに向けて「こういうものを作りたい」という思いが先にあり、結果として社会の流れが反映される、そんな順番だと思います。だから特に「フェニミズムを掲げた作品」という認識はありません。

ただ同性の先輩として、プリキュアを楽しんでくれている多くの女の子が生きやすい社会になってほしいという思いは強いです。ジャンダーギャップはなくなってほしいですし、職業、家族のあり方などで選択肢を狭めてほしくない。生きていて違和感をもったときに、それを甘んじて受け入れるのではなく、立ち向かっていく心の強さを子どもたちには育んでほしいです。

【原田】あくまでも世相を映した結果であると。ちなみに「プリキュア」シリーズに女性のプロデューサーは多いんですか?

【柳川】男性のほうが多いですね

【原田】えっ! そうなの? 女児向けのプリキュアの世界でも男性社会だったんだ!

【柳川】そうなんですよ。でも、だからこそジェンダーニュートラルじゃないですけど、男の子っぽい要素も入った結果、他の女児アニメとは一線を画すテイストが「プリキュア」の雰囲気として確立されたのではないでしょうか。

「人と違うこと」「人と同じこと」の面白さや喜びを表現

【原田】今回プロデュースするにあたって、過去の「プリキュア」シリーズはどれくらい踏まえているんでしょうか。

【柳川】実はあまり気にしていません。これは毎年のことですが、「プリキュア」は、その年に集まったスタッフが何か新しいチャレンジをしたいというなかで発展してきたので、今までのシリーズを意識して踏襲するというよりは、毎年リニューアルを重ねて新しいものをイチから作るというイメージなんですよ。

スター☆トゥインクルプリキュアの4人の主人公。左から、キュアスター、キュアミルキー、キュアソレイユ、キュアセレーネ。©ABC-A・東映アニメーション

【原田】世相の反映ということで言うと、「スター☆トゥインクルプリキュア(以下、スタプリ)」では宇宙人のプリキュア(キュアミルキー)や、褐色の肌のプリキュア(キュアソレイユ)がいたりしますが、やはりここには、今、グローバルでテーマになっている「多様性」のテーマが内包されているんですか。

【柳川】「スタプリ」に限らず、個性や多様性は毎年の「プリキュア」でずっとテーマになっています。今回の宇宙人は「自分と全然違う存在」の象徴なんです。地球人から見れば地球外生命体は全て「宇宙人」という言葉に分類されてしまうけれど、宇宙の星々に多様な生命が存在することを知っている宇宙人からしたら、地球人は「異星人」ということで、作中の言葉の選び方にもこだわっています。

「人と違うこと」「人と同じこと」の面白さや喜びを表現したくて、地球人側もある程度バリエーションを出しました。それでソレイユの父親はメキシコ人、母親は日本人という設定にしたんです。

企画書には「歴代プリキュアのなかで一番多国籍」

【原田】今、世界全体でエンタメに多様性を取り入れることが大きなテーマになっていますね。ディズニーの『リメンバー・ミー』ではヒスパニック系が正面から描かれていたし、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ではベトナム系が重要な役をやった。アジア系の登場人物だけなのに大ヒットした『クレイジー・リッチ!』という映画もあった。日本でも東京を中心に「隠れ移民(留学生など移民という言葉で取り扱われていない外国人)」が急増しているし、公立の小学校ではハーフの子が珍しくない。だから、その設定は今の世界にも日本にも合ったテーマと言えるね。

【柳川】企画書では「歴代プリキュアのなかで一番多国籍」と書いていました。今までの「プリキュア」シリーズからすると、かなり盛り込みましたね。

私自身、小学校の頃はアメリカにいたのですが、子供の頃に見ていたカートゥーンと比べると、日本のアニメにはもっといろんな人種の子が登場していいんじゃないかという思いがずっとありました。これまでの「プリキュア」も個性豊かではあるのですが、見た目・出身・言語のバリエーションをさらに広げたいなと。

サイバーエージェント次世代生活研究所・所長の原田曜平氏

【原田】そうか。日本に先んじて移民大国になったアメリカ生活での経験が活かされているんだね。他にもアメリカ生活での経験が活かされている点はあるのかな?

あわせて読みたい

「アニメ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スター・ウォーズの寿命は尽きた

    長谷川一

  2. 2

    日本も基金出資? 日韓議連の暴言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    非効率な手続きが多い日本の銀行

    内藤忍

  4. 4

    BOSE閉店に影響? 高音質な中国製

    自由人

  5. 5

    日本より韓国 外国労働者の現状

    清水駿貴

  6. 6

    旅券返して フィリピン女性訴え

    清水駿貴

  7. 7

    速すぎるナイキ厚底 どこが違反?

    PRESIDENT Online

  8. 8

    橋下氏 百田氏に「選挙出たら?」

    橋下徹

  9. 9

    コンビニ米不足? 農家抱える矛盾

    BLOGOS編集部

  10. 10

    コンビーフ缶の高額転売が相次ぐ

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。