記事

『悪夢』の決着を選挙でつけるべし

自民党の二階幹事長は、「野党はどこまで行っても野党、当面政権を握ることはない」という趣旨のことを言ったと。

極めて高慢な言い振りだと思います。

もし本当にそう思っているのであれば、なぜ安倍総理はあんなに民主党政権ことを「悪夢のような」と繰り返し、敢えて言うのか。総理側近の萩生田幹事長代行などは、今日「『悪夢のような』ではなく『悪夢』だ」とまで発言しました。なぜか。

すなわち、過去の民主党政権を貶めることをもってしか、自らを浮上させることができないと感じているからではないのか。今、政府与党の立場にありながら、自らが行ってる政策に、絶対の自信がないからではないのか。自信があれば、敢えて過去の民主党政権の時のことを持ち出さなくてもよいはず。

極めてねじれたものを感じます。

選挙となれば、その答えを出すべく、真正面から戦うに尽きます。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  6. 6

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  7. 7

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  9. 9

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。