記事

画一的な人材を量産してきた日本の行く末

1/2

日本の教育は、戦後から一貫して「正解は一つ」を前提にしてきた。だがそれではグローバル化が進む環境では生き残れない。明治大学の小笠原泰教授は「結晶化された固定的知能ではなく、知恵ベースの流動的知能を高めていく必要がある」と警鐘を鳴らす――。

※本稿は、小笠原泰『わが子を「居心地の悪い場所」に送り出せ 時代に先駆け多様なキャリアから学んだ「体験的サバイバル戦略」』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。


※写真はイメージです(写真=iStock.com/tupungato)

現代のグローバル化を生んだきっかけ

現在のグローバル化は、1989年の「ベルリンの壁」崩壊に象徴されるソ連の解体(1991年)による冷戦の終焉がもたらしたアメリカの覇権の確立に端を発しています。アメリカの覇権の下、国境による制約を解かれた資本が牽引する形で世界のネットワーク化が加速します。

冷戦という対立構造が消失したことで、覇権国家の権力に代わり、経済(市場、資本、企業)が政治的不安定を抑制する調整弁として機能したわけです。

車や飛行機、コンテナ輸送など、冷戦以前から進歩を遂げてきた物理的な移動技術に加え、世界を論理的にネットワーク化するインターネットに象徴されるICT(情報通信技術)などデジタル・テクノロジーが、グローバル化をさらに加速させている点が最大の特徴です。

そして、周知のとおり、デジタル・テクノロジーは、もはや国家が独占するモノではなく、個人や企業にも等しく開かれた民主的なモノで、国家に対し、市場・資本・企業と個人の力を急速に高めています。

すなわち従来の国家>企業・市場>個人という序列が崩れ、3者が鼎立(ていりつ)し、相互に影響を与え合いながら行動するモデルとなり、デジタル・プラットフォームの出現によって、個人レベルで国家や企業と同等のことを効率的に行うことが可能になってきているのです。

排外主義の中で進行する個人の「二極化」

このパワーシフトの中で、個人について考察すると、現在の社会変化については移民問題がクローズアップされがちですが、変化の本質は、極右の国家主義か社会主義かというイデオロギーの問題ではありません。

多様化を認め、変化が当然の「開いた社会」を望む(あらゆる変化に可能性を見いだし、国を消極的にしか必要としない)人々と、多様化を認めず変化を拒否する「閉じた社会」を望む(あらゆる変化をリスクと感じ、国を積極的に必要とする)人々の分裂が起きているということであり、移民排斥は、その分裂が示す表面的な現象に過ぎません。

これには格差が背景にあると言う人もいますが、格差は社会が多様化のメリットを認めた当然の帰結とも言えます。政治家、マスコミ、学識者は、エリート対大衆・民衆に代表される少数対多数という、お定(き)まりの対立構図を持ち出しますが、もはやその構図は意味をなさないと思います。

その中で、先進国では、国家に対してパワーを強めた(自律した)個人と、パワーが弱まり、パワーを減じている国家に依存する個人(パワーの低下が止まらない国家は、彼らをパワーの再強化に利用します)への二極化が明確に進行しつつあります。

つまり、国家と企業と個人の3者間のパワーバランスが、「開いた社会」を志向する人々と「閉じた社会」を望む人々との間で異なっているということです。

グローバル化は「進歩」と呼べるのか

ここに、イギリスやアメリカやフランスのような政治の混乱の原因があります。民主制度では選挙の敗者は敗北を受け入れ、次の選挙に期待をかけるのがルールですが、それが機能しなくなってきています。そして、かつては、政治が経済構造を決定していたわけですが、グローバル化が進むなかで、これが急速に難しくなり、その逆転が起きつつあるといえるでしょう。

トランプ大統領を選出したアメリカの大統領選挙やイギリスのBrexitの国民投票が示すように、現在この分裂は拮抗(きっこう)していて、自分の陣営により多くの人を引き込もうとする綱引きの状態です。問題は、今後、「開いた社会」と「閉じた社会」、すなわちグローバル化と反グローバル化のどちらに向かうかにあります。

先進国で起きている反グローバル化の支持者は、グローバル化を「進歩(自分の意思でコントロールが可能)」と捉えているようですが、世界がここまで相互結合と相互依存を深める中で、支持者の望んでいる一国中心主義に回帰することは現実的には難しいと言えるでしょう。

つまりグローバル化は進歩ではなく、好むと好まざるとに関わらず、私たちに環境への適応を迫り、適応できなければ淘汰(とうた)される「進化」であると考え、自分はどのように環境変化に適応するかを考えた方が生存確率は高まるということです。

歴史から未来を予測する教育は通用しない

国家、企業・市場、個人の3者が鼎立する状況は、構造的に不安定です。つまりグローバル化という状況下では、均衡点は固定化せず、移動を繰り返す動的平衡によって維持されるので、予測が困難で、不可逆かつ非周期でパターン化が難しい非線形な思考が前提となり、これまでの分類、規範、常識が意味をなさなくなるということです。

この状況は、アメリカの覇権の下に始まった、覇権国家が国家の観点で均衡点を管理してグローバル化システムを安定化させようとする思考、つまり、決定論的な法則に従ってパターン化された結果が生じるという、これまでの線形的な思考の前提とは異なります。

この意味で、今現在進行するグローバル化は、当初のグローバル化とは非連続的なもので、「近代化が進めば、予見性は高まる」という、これまでの近代化のお約束がお約束でなくなる世界、近代化の終わりを迎えていると言えるでしょう。

つまり、歴史の連続性を前提に、過去の延長線で未来を管理することが可能であるとする歴史主義は、もはや通用しないと考えるべきです。したがって、読者のお子さんたちが、現在の歴史主義に基づく大学教育で学べるもののうち、将来にわたって利用価値の高いものは少なくなると考えるべきであろうと思います。

あわせて読みたい

「日本社会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリへのツッコミこそ誤り

    新井克弥

  2. 2

    山本太郎氏 米軍から自主独立を

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    家出少女を待ち受ける男性の本性

    文春オンライン

  4. 4

    若者はジーンズ選ばないビジカジ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    桜を見る会で騒ぐ野党議員に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    台風被害タワマン住民が現状語る

    SmartFLASH

  7. 7

    中村医師殺害 麻薬利権が原因か

    田中龍作

  8. 8

    テレビ出演減らしたヒロシの真意

    たかまつなな

  9. 9

    森ゆうこ氏への請願黙殺する自民

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    中村医師の死を政策論争に使うな

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。