記事

『俺スカ』白石麻衣“黒一色”と“下ネタ”で挑む本当の意味

女優としての飛躍が期待される白石麻衣

 古田新太主演で話題を集めるドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系)。この作品で、古田とはまた違った存在感を示しているのが乃木坂46の白石麻衣だ。女優として飛躍する大きなチャンスを迎えているという白石について、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

【写真】白石麻衣の刺激的なタンクトップ姿

 * * *
 元号をまたいだ今月上旬に、白石麻衣さんのセカンド写真集『パスポート』が25度目の重版を行い、累計36万部となったことが明らかになりました。2017年2月の発売から2年3か月過ぎての増刷は前代未聞であり、性別年代を問わない人気ぶりがうかがえます。

 これだけ人気がある以上、芸能活動が多様化し、なかでも女優としてのニーズが高まるのは必然。世間の人々と制作サイドの期待を受けて、今春は『俺のスカート、どこ行った?』に出演しています。

 ただ意外なのは、今作が民放プライム帯の連ドラ初レギュラーであること。これまでは深夜帯やゲスト出演が多かっただけに、今年8月で27歳となるタレントとしては、「今作が今後の試金石になるだろう」と言われているのです。

◆いい意味で浮く圧倒的なビジュアル差

『俺のスカート、どこ行った?』は、ゲイで女装家の主人公・原田のぶお(古田新太)が高校教師となって、型破りな方法で生徒たちの問題に向き合っていく学園ドラマ。白石さんが演じる里見萌は、「憧れていた教師になったものの、教育現場を目の当たりにして、完全に心がやさぐれてしまった反抗期全開教師」という主人公に負けない個性的な役柄でした。

 里見は、まだ教師2年目の立場であるにも関わらず、学校に遅刻し、集会で居眠りし、保健室で昼寝するなど、やる気のなさが際立っていますが、注目すべきは心の闇を感じさせる黒一色の服装。教師たちの中で異質な存在となっているほか、職員室では向かいの席で座り、朝礼では隣に立つなど、カラフルな服を好む原田とのコントラストになっています。

 そもそも白石さんには、非イケメン中年の古田さんが主演である分、「美しさ」「愛でる」という役割がありますが、大倉孝二さん、荒川良々さん、小市慢太郎さん、シソンヌじろうさんら教師役の俳優が並ぶと、そのビジュアル差は歴然。見る人の多いドラマでは「演技力以上に重要」と言われる視覚的な存在感が大きく、「いい意味で浮いている」「確信犯的に違和感を醸し出す」ことができます。

 もう1つ、里見のキャラクターを際立たせているのは、毎週のように発せられる下ネタ。原田の歓迎会で「ポコチンはどうしてるんですか?」「デカチンか~」と発したあとも、「ファイティンポ(ファイトの造語)」「きん(たま袋と言おうとしたところを遮られて未遂に終わる)」などのフレーズを繰り返しているのです。

 もちろんこれは脚本・演出によるものですが、白石さんサイドがOKを出さなければ実現しないもの。白石さん本人が「言いにくさはない」とコメントしていることから、むしろ歓迎している感すらあり、今後も見られるのではないでしょうか。

◆美しさを武器にしたコメディエンヌへ

 制作サイドが、清楚で美しい白石さんに下ネタを話させることでインパクトや話題性を狙っているのは明らかですが、白石さんとしても演じられる役の幅を見せる絶好機。各局の作り手たちに、「私はここまでやれるんですよ」「遠慮なくオファーをください」と言っているようでもあるのです。

 思えば白石さんは、昨年放送の『やれたかも委員会』(MBS制作、TBS系)でも下ネタを連発していましたが、当時は「深夜ドラマだから」というエクスキューズがありました。しかし、多くの人々が見るプライムタイムで思い切った役を演じたことで、今後は制作サイドが「この役は受けてもらえないだろう」とオファーを自粛するケースは減るはずです。

 白石さんは、すでにさまざまな職業を演じても違和感のないアラサーだけに、今回の教師からOL、ミュージシャン、料理人、エステティシャン、連ドラ定番の刑事、医師、弁護士、あるいは時代劇の姫まで、さまざまな役柄への対応が可能。「清楚」「美しさ」のイメージに縛られることなく、あらゆる役を演じられれば、女優として一気に羽ばたけるでしょう。

 王道の可憐なヒロイン以上に期待されているのは、コメディでの活躍。近年ドラマ業界では、「シリアスな作品は見てもらえない」「特に平日の夜は重いムードの作品は厳しい」という傾向が強く、コメディの割合が増えています。

 その点、白石さんにとってのコメディは「清楚」「美しさ」からのギャップを見せるチャンス。もともとバラエティーでは「黒石さん」という毒気たっぷりのキャラも見せるなど、笑いのセンスにも定評があったことが、里見の人物設定につながっているだけに、コメディエンヌとしての才能が開花するかもしれません。

「圧倒的な美しさを武器にしたコメディエンヌ」で思い浮かぶのは北川景子さん。たとえば、今年3月まで放送していた『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)のヒロイン・三軒家万智を白石さんが演じたら……と思い浮かべたら意外にしっくりくるのではないでしょうか。「異性はもちろん、同性からも愛され、憧れられる」という点も含めて、白石さんが北川さんと同じ主演女優へのステップを駆け上がっていっても不思議ではないのです。

◆「黒一色」の服装が「赤一色」に変わるか

 25日放送の第6話は、白石さんが演じる里見をフィーチャー。予告映像には、デスクの引き出しに入った退職届が映され、「結婚!? 仕事!?」というテロップと、「原田先生みたいに周りを変える力、なかったです……」というセリフがありました。

 タイトルバック(ホームページのトップ画面も同様)の里見は、赤のワンピースを着ているだけに、もしかしたら黒一色からの変化が見られるのかもしれません。いずれにしても、葛藤を表現する演技力が求められるだけに、白石さんにとってはチャンスであるとともに正念場。称賛か、酷評か、いずれにしてもSNSは盛り上がるでしょう。

 日本テレビで土曜夜に放送されていた女性教師の学園ドラマと言えば、仲間由紀恵さんの『ごくせん』や天海祐希さんの『女王の教室』がありました。写真集やCMでの人気を踏まえると、近い将来、白石さんが主人公の教師を演じる学園ドラマが放送される可能性は十分ありそうです。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    街宣右翼に山本太郎氏「おいで」

    田中龍作

  2. 2

    年金生活者に支援給付金の新制度

    Hirotaka Kanno

  3. 3

    日本は最も成功した社会主義国

    自由人

  4. 4

    韓国が安倍政権を叩き始めたワケ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    昇進に影響? 忘年会スルーへ警鐘

    かさこ

  6. 6

    シン・ウルトラマンに見るヲタ魂

    krmmk3

  7. 7

    野口健 グレタさんを非難し賛否

    女性自身

  8. 8

    サンド M-1でアマに負けた悔しさ

    幻冬舎plus

  9. 9

    心もとない進次郎氏のCOP25演説

    舛添要一

  10. 10

    よしのり氏 枝野氏は認識が甘い

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。