記事

萩原博子「あまりに対象が限定的な『大学無償化』は看板倒れ」


今月10日、教育の無償化に関する2つの法案が成立した。幼児教育の無償化が「改正子ども・子育て支援法」、大学などの無償化が「大学等修学支援法」だ。実際には、幼児教育が今年10月から、大学などは来年4月から無償化が始まる。「大学等修学支援法」について、経済ジャーナリストの荻原博子さんが解説してくれた――。

大学など高等教育の無償化には、国の姿勢に疑問があります。

世帯年収約270万円未満の住民税非課税世帯と、年収約380万円まで世帯の学生、合わせて約75万人が対象(両親・本人・中学生の4人家族を想定)。住民税非課税世帯なら、授業料が国立大学で年約54万円、私立大学で年約70万円が減免され、返済不要の給付型奨学金も支給されるという施策です。

もちろん、低所得層への進学支援は重要ですが、今回の無償化はあまりにも限定的です。中間層の親も大学費用には苦労していて、学生の2人に1人が何らかの奨学金を受けています(’18年・日本学生支援機構)。その返済に苦しむ方も多いなか、ごく一部を対象にした支援で無償化とは、看板倒れといわれても仕方ないでしょう。

私は、国公立大学の授業料を今の半額にするべきだと考えています。そのうえで、低所得世帯向けの給付型奨学金などを拡充すれば、どんな家庭でも、教育費の負担が軽減されるでしょう。少子化対策にも有効だと思います。

2つの無償化は、次の選挙で、現政権の成果だとアピールすることがねらいではないでしょうか。

あわせて読みたい

「教育無償化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  3. 3

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  5. 5

    コロナ検査で病院へ行くのは愚か

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  7. 7

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

  8. 8

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  9. 9

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  10. 10

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。