記事

前場の日経平均は続落、一時2万1000円割れ 下値では押し目買いも


[東京 24日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比146円67銭安の2万1004円47銭となり、続落した。前日の米国株安や円高進行が投資家心理を圧迫し、朝方から売りが先行。下げ幅は一時200円を超え、節目の2万1000円を割り込んだ。その後、個人投資家の押し目買いや売り方の先物買い戻しなどで下げ幅を縮小したが、米中対立への懸念が残る中、戻りに勢いは出なかった。

市場では、トランプ大統領が23日、ホワイトハウスで「中国との協議は早期に進展する」との見方を示したことや、ファーウェイ問題について「中国との通商合意の一環で問題が解決される可能性がある」と語ったことなどが話題となっていた。

ただ、日米首脳会談を含め、来週以降も注目イベントは多い。「今週売られた部分の揺り戻しは起きているが、腰の据わった資金が入ってくるには時間がかかる」(岡三証券の日本株ストラテジスト、小川佳紀氏)との声も出ている。

TOPIXは0.40%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆0776億円。東証33業種では、鉱業、石油・石炭、海運などが値下がり率上位に並んだ。石油関連は米中貿易摩擦の激化を懸念して前日の米WTI原油先物<CLc1>が約2カ月半ぶりの安値となったことを嫌気した。半面、パルプ・紙、電気・ガス、陸運、不動産など内需関連は買われた。

東証1部の騰落数は、値上がりが903銘柄に対し、値下がりが1115銘柄、変わらずが123銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  5. 5

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  8. 8

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  9. 9

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  10. 10

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。