記事

それでも賃上げを!

 本日の中小企業・小規模事業者政策調査会は、最低賃金の現状に付いて、経済団体からのヒアリングと、政策提言案の取りまとめでした。

 最低賃金の政府方針は、「年率3%程度を目途として、名目GDP成長率にも配慮しつつ引き上げていく。これにより、全国加重平均が1000円になることを目指す」です。

 経済団体からは、全国加重平均額が、ここ5年間で14%(764円から874円)、ここ10年では24%(703円から874円)も上昇しており、生産性、付加価値が、毎年3%も向上することが現実的には困難な状況下で、最低賃金が年率3%引き上げることへの、不安や懸念や慎重な態度や反対の声が寄せられました。

 また、都道府県別の最低賃金は、東京都で985円、鹿児島県で761円と、224円も差額がありますが、地域別の最低賃金を採用している国は、日本の他わずか14ヶ国しかなく、しかも、主要国では低い水準にあることが指摘されています。

 消費税率の引き上げ、軽減税率の導入、米中貿易冷戦、デジタル化、A1、5G、事業承継、下請け取引、そして先行き不透明な消費者マインドなど、中小企業、小規模事業者を取り巻く環境は厳しいものがあると思います。

 しかしそれでも、賃金の底上げが出来る経済のパイの拡大、生産性の向上は当然に必要で、それらを具現化できる自助、共助、公助の取り組みと政策を推進し、成長と分配の好循環のもとで、賃上げの実現を不動とする姿勢は貫きたい。

あわせて読みたい

「賃金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  3. 3

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  6. 6

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  7. 7

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  8. 8

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  9. 9

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。