記事

横田基地ではなく羽田空港に降り立つトランプ米国大統領

きょう5月24日の朝日と東京が書いた。

あす、25日に国賓として日本を訪れるトランプ大統領は羽田空港に降り立つと。

朝日は高速道路の通行規制ルートまで書いているから間違いないだろう。

それだったら、なぜ米軍は六本木にある米軍基地のヘリポートへの離着陸訓練をしていたのだろう。

ひょっとして、批判をおそれて急きょ変更したのだろうか。

いずれにしても、米国大統領でもその気になれば羽田空港に着陸できるのだ。

大統領が羽田に着陸するのだから、すべての米国籍人は横田基地ではなく羽田空港に着陸するよう日米地位協定を見直すべきだ。

ちょうどいい機会だ。

トランプ大統領の国賓訪日をきっかけに、メディアは戦後の歴代大統領の訪日記録を洗いざらい調べて、国民に教えてほしい。

羽田空港に降り立った大統領は今度のトランプ大統領以外にあったのかと、

それは国賓訪日だったのかと。

そして非公式訪問の場合でも羽田に降り立った先例はあるのかと。

これらを調べればすぐにわかる。

もし羽田空港に着陸する先例が他にもあったなら、やればできるということだ。

もし羽田空港に着陸するのが国賓に限られた場合だったら、明らかに日米両政府は日本の主権侵害を意識しているということだ。

国賓にもかかわらず横田基地に着陸すれば、日本の主権を無視していると日本の世論が騒ぎ出すから、まずいと。

もし、羽田と横田の着陸例が混在し、そこに何の合理的な理由が見つからなければ、米国には、日本の主権に関する配慮が、まるでないということだ。

いずれにしても、やればできるのだ。

トランプ大統領だって羽田に降り立ったのだ。

今後、すべての米国大統領は国賓であろうが、非公式であろうが、羽田に下りてもらう事にしなければいけない、

トランプ大統領ですら羽田に降り立ったのだから(了)

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「安保破棄してくれ」

    小林よしのり

  2. 2

    奨学金延滞の若者が次々と裁判に

    BLOGOS編集部

  3. 3

    日本の本気を選挙対策とみる韓国

    tenten99

  4. 4

    田原氏「麻生大臣とんでもない」

    田原総一朗

  5. 5

    彼女の生理日を知りたい男性9割

    工藤まおり

  6. 6

    海外まできて日本叩く迷惑な人々

    文春オンライン

  7. 7

    堀江氏の保育士めぐる発言に反論

    田中俊英

  8. 8

    点滴を巡る朝日記事に医師が憤り

    高山義浩

  9. 9

    LIXIL総会で株主側が異例の勝利

    川北英隆

  10. 10

    すぐバレる嘘で窮地に陥る文政権

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。