記事

消費税率上げ延期や消費税廃止は国民生活を救わない

2/2

翻って日本。財務省資料によれば政府債務残高は、対GDP比236%。イタリアの比ではい。また,財政収支の赤字も,EUと同じく社会保障基金を入れた分で計算するとマイナス4.2%。これまたイタリアの2倍以上に達している。

ここまでの解説をご覧頂いた方にはご理解いただけたと思うが,各国とも財政収支均衡や政府債務残高の増加を防ぐために,明確な数値上限やペナルティーを設けた実行性のある法制度整備がなされている。

 しかし,日本には事実上,法的・制度的な仕組みは存在しない。本来例外であるはずの特例公債の発行は,昭和50年~平成元年,平成7年~現在と,もう数十年以上常態化してしまっている。

 だからこそ,MMT理論提唱者に「日本が見本」とまで言われてしまっているのだ。

「財政収支均衡を目指す」という世界の常識について,与野党共にルーズになってしまっているのが残念ながら今の日本の現実だ。それは,政治家,政党に限らずマスコミも同じ。だからこそ,冒頭述べたように財政均衡や「ペイアズユーゴー」など完全に無視した主張を述べる政治勢力が一定の人気を呼んでいるのだろう。だが,これは,「苦しんでいる」国民を将来的に「もっと苦しめる」ことになる。

お金を払うことはいらない、だけどサービスの提供は受けられる。提案する方にとっても,される方にとっても夢のような約束だ。そして,1つだけそれを成り立たせる方法がある。それは、国が国債を発行し、それを中央銀行が円を発行して買い取って国の財政を賄うやり方である。つまりは財政ファイナンス。そうすれば、国民は税金を納めなくて済むわけだが,しかしそんな魔法のようなことは,一時は成り立つとしても,いつまでも成り立つわけがない。これを始めたが最後、何が起こるのか。それは果てしない円安。そんないい加減な国の通貨など誰も信用しなくなるからだ。


 アメリカなどは石油でも農業製品でも自分の国で賄えますから多少ドル安になっても困ることはありません。ところが日本はどうでしょうか。皆さんが使っているスマホも輸入品です。ステーキやハンバーガーに使われている牛肉も、石油も輸入です。円が安くなって、今1ドル110円のものが200円になったらどうでしょう。皆さんが買うもの全てが2倍の値段になるのです。消費税が2%上がるのと、物価が2倍になるのと、どちらが皆さんの暮らしを直撃するでしょうか。

 以上について,5月21日に開催された財務金融委員会で質問をした。麻生財務大臣は,子育て支援,社会保障の財源についてペイアズユーゴーという当たり前の考え方をとるべきだ,という私の質問に対し,「全世代型の社会保障制度というものの構築に向けて、いわゆる少子化対策を含めまして、社会保障の充実とそれをやれる安定財源の確保というものをどうやってやるか、これはどうしても必要なものなんだと思ってこの消費税というのを導入させていただくことに決めております。」と明快に答弁された。

また,通貨安になると,インフレで一番困るのは庶民,国民なので為替水準安定維持のためにも,財政規律の確保が欠かせないのでは,という質問に対しては,「通貨というか為替の安定というものを実現する上では、これは円に対するというか通貨に対する信認をきちっと維持していくということにまさるものはありません。

したがって、通貨に対する信認というのは、その国の経済のファンダメンタルズというものの強固なものとか、また財政規律というものに対する維持とか、何となく、最近はやりのMMTに行くんじゃないかとかいうような気を持たれないような感じにしておくとか、いろいろな表現があるんだと思いますけれども、総合的なものによるんだと考えておりまして、引き続き、これまでの経済再生と、そして財政健全化という取組というこの二つのものはきちんとして、二律背反している部分も確かにあるんですけれども、そういったものを十分理解した上で、通貨の信認維持というものに努めていかねばならぬと思っております。」とお答えになった。

その言葉を,国民のために信じたい。通貨の信認維持のため,財政規律を維持しようと主張することは,財務省のも差し金でも,財務省の陰謀でもない。経済的に弱い者を守るために欠かせないことだからだ。

「国」というのは国民のものである。日本という国は有権者のもの、国民1人1人ものにほかならない。国というのは,運営者である国民が、費用としての税金を納め、その対価としてサービスを受けているコミュニティなのだ。サービスには必ず負担が伴う。日本という国を運営しているのは私達国民なのだから、当然私達がお金を払って運営すべきものなのである。欧米では国民にその自覚が強く,きちんとしたルールが定められているのであろう。私達も,国を運営している一員である,との当事者意識を持つべき時が来ている。運営の成功も失敗も,全部自分に跳ね返ってくるからだ。

あわせて読みたい

「消費税」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  5. 5

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

  9. 9

    ファーウェイ副会長が帰国、中国当局が拘束のカナダ人2人も帰国

    ロイター

    09月26日 16:29

  10. 10

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。