記事

認知症予防の数値目標に懸念

政府の認知症予防の数値目標に懸念する提言を、昨日22日、当事者・支援者連絡会議が発表しました。政府は、認知症対策を強化するため、16日の有識者会議で、「予防」を重要な柱とした2025年までの新たな大綱の素案を示しました。認知症の人数を抑制する初の数値目標を導入し、70代の認知症の人の割合を6年間で6%低下させることを目指す、というものです。10年間では、約1割減少することになります。

大綱素案のポイントは、
○70代の発症を10年間で1歳遅らせる 
○70代の認知症の人の割合を1割減らす 
○発症や発症後の進行を遅らせる予防の取組みを推進 
○認知症になってからも自分らしく暮らせる社会の実現 
○当事者の視点に立ったバリアフリーを進める、
となっています。

厚生労働省は、2018年時点で、高齢者のうち7人に1人が認知症という最新の推計も公表しました。これまでの推計では、認知症の高齢者は2015年時点で約520万人でしたが、団塊世代全員が75歳以上になる2025年には約700万人に達します。認知症の国家戦略ともいえる大綱に、認知症の人の割合を減らす数値目標を盛り込むことは、予防の意義とは別の危うさをはらんでいる、との声が上がっています。

昨日、認知症の人や家族などでつくる「認知症関係当事者・支援者連絡会議」は、認知症の人と共生する社会の実現に向けた提言を発表しました。参加団体の代表者は、政府が70代の認知症の人の割合を減らす数値目標を公表したことについて、懸念を示しました。

提言では、認知症の人の尊厳が守られる社会にむけて、
○認知症の人がやりたいことやできることへの支援
○身体拘束の禁止徹底 
○家族の介護離職などを防ぐための環境整備
などが必要とし、政府が6月に決定する大綱の反映を求めました。

「予防が強調されると”認知症になるのは本人の努力が足りないからだ”と捉えられかねない」としていて、その通りだと思います。認知症対策は必要ですが、誰も認知症になりたくてなるわけではないので、当事者や支援者の立場に立った、きめ細かな対応が望まれます。

あわせて読みたい

「認知症」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  5. 5

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  6. 6

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  7. 7

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  8. 8

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

  9. 9

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  10. 10

    山口FGで起きた「山口の変」が示唆する地銀改革を邪魔する根源

    大関暁夫

    09月24日 14:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。