記事

玉川徹は「言論封殺」をしたいのか?

玉川徹の「そもそも総研」見たが、丸山穂高の「戦争発言」の件では賛同できない。
丸山が酔っ払いの不見識な議員であることは分かるから、擁護したくはないが、丸山を辞めさせようというのは違うと思う。

丸山の発言が、憲法9条と99条と国連憲章2条4項に違反しているから、国会議員を辞めさせるべきというのは、根拠にならない「言論封殺」である。

ここで注意して欲しいのは、「言論封殺」というのは、メディアや民間人が同調圧力によって個人の言論を封殺することである。
一方、「言論弾圧」は権力が国民の言論を圧殺することである。この二つは違う。

① 丸山が憲法9条に違反したと言えるのか?
戦争放棄はあくまでも、権力が戦争という手段を行使したときに憲法違反となる。
丸山が酔っぱらって吐いた言論で、日本という国家が戦争を決断することは、現状200%ない!

② 憲法99条の憲法尊重義務は国会議員が守らなければならないが、「話し合いだけでは北方領土は戻って来ないのではないか?戦争という外交手段を採るしかないのではないか?」という発言が、99条に違反しているとは言えない。
それは憲法改正を示唆する発言として許される。

③ 次に国連憲章2条4項だが、これは国際法であるが、ロシアはクリミア半島を武力でぶんどったにも関わらず、罰が与えられていない。
そもそも北方領土は「日ソ不可侵条約」を破って侵攻してきたソ連(ロシア)の悪が明白であり、日本固有の領土である。
だが、ロシアは実効支配を強めるばかりで、返還の意思など毛ほどもない。
丸山の発言には正当性がゼロとは言えない。

玉川徹は「反戦平和イデオロギー」の人で、つまり「原理主義者」である。
原理主義者が恐ろしいのは、おのれの正義を全く疑わず、反対意見を「言論封殺」する性質を持っているからだ。

国会議員たちが丸山を辞任させるようなことがあれば、それは権力による「言論弾圧」になる。
わしは「言論封殺」にも、「言論弾圧」にも、絶対反対する、確固とした個人である!

あわせて読みたい

「丸山穂高」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    告発の岩田医師は「大人の対応」

    早川忠孝

  5. 5

    かつて「エリート」だった銀行員

    内藤忍

  6. 6

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  7. 7

    ロンドンでの五輪代替開催は失礼

    鈴木しんじ

  8. 8

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  10. 10

    ミスキャン覇者「AV転身」の衝撃

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。