記事

行き場を失った方々の選択に注目

細野豪志さんが二階派入りを決意し、いずれは自民党から立候補することを目指しているというニュースほど私にとってショックだったニュースは少ない。

自民党に対抗出来る新たな穏健保守政党を作るためには細野豪志さんのような人がどうしても必要だろうと思っていたので、これで事実上私の願望は潰え去ったようなものだ。

元横浜市長の中田宏さんも今度の参議院議員選挙で自民党から立候補することになるそうだ。

中田宏さんが自民党の中でどんな活動が出来るか分からないが、中田宏さんまで野党を見限ってしまったのか、と思うと、当分現在の自民党を凌駕出来るような新たな穏健保守政党を作ることは夢のまた夢になってしまいそうである。

これで長島さんまで自民党に引っ張られるようなことにでもなれば、自民党一強政治がいつまでも続くことになる。

まあ、多様な人材が自民党に集中しても互いに切磋琢磨して、より良い政治を実現してくれれば、それはそれでいいのだが。

霞ヶ関では忖度政治が罷り通るようになっている、という話がある。

自民党一強で、物を言わない政治家ばかりになってしまったら困ってしまうのだが、さて、どうなるだろうか。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「安保破棄してくれ」

    小林よしのり

  2. 2

    日本の本気を選挙対策とみる韓国

    tenten99

  3. 3

    田原氏「麻生大臣とんでもない」

    田原総一朗

  4. 4

    彼女の生理日を知りたい男性9割

    工藤まおり

  5. 5

    堀江氏の保育士めぐる発言に反論

    田中俊英

  6. 6

    LIXIL総会で株主側が異例の勝利

    川北英隆

  7. 7

    徴用工問題避けたい文政権の本音

    文春オンライン

  8. 8

    すぐバレる嘘で窮地に陥る文政権

    高英起

  9. 9

    銀行員のジーパン勤務OKに大賛成

    川北英隆

  10. 10

    ブランド名「キモノ」に批判殺到

    BBCニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。