記事

「起業したのは、環境のため」:柴咲コウ

1/2

「環境への意識を高めたい。これが起業した理由です」――女優・柴咲コウは2016年にレトロワグラース(東京・渋谷)を立ち上げ、サステナブルがテーマのアパレルブランドや食品事業を展開してきた。「地球が存続できないと人が集う社会も存在できない。だから自然のサイクルを重要視している」と、環境への思いを話す。(オルタナS編集長=池田 真隆)

レトロワグラースを立ち上げた柴咲コウ 写真:高橋慎一

同社が展開するアパレルブランドMES VACANCES (ミヴァコンス)は英語でMy Holidayという意。地球の循環、生態系に負荷をかけないものづくり、着心地の良さ、メンテナンスの手軽さを追求し、自然にも着る人にも「優しい」アイテムを展開している。

食品ブランド「LTG FOODS」では、化学調味料不使用・ナチュラル志向のプロダクツを提供する。健やかに美しく調和のとれた暮らしのために、衣食住の領域で企画・開発を行なう。

経営者としての課題をこう分析する。「心を込めて作っても、その過程が伝わりづらい。色々な企業や人とつながることで、その課題を解決していきたい」。

柴咲コウは2017年の大河ドラマ「おんな城主直虎」で主役を務めるなど、日本を代表する女優の一人だが、音楽活動も精力的に行う。5月には、コンサートツアー「EARTH THE KO」を行い、「音楽を通してサステナブルを表現」することに挑戦。歌と芝居で京都、横浜、名古屋の3都市を巡った。

このツアーの序章として4月に世界文化遺産の広島厳島神社で、サステナブルをテーマにした音楽コンサートを開いた。このテーマに共感したのが、広島市に拠点を構える広島トヨペット。古谷英明社長は「一発」で協賛を承認した。

「広島に関わるすべての人に、車だけでなく、新たな価値を提供したいと思った。奉納公演では、いつもと違う厳島神社を見ることができ、新たな気付きを得られた」(古谷社長)

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  7. 7

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  8. 8

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  9. 9

    YouTuber逮捕は氷山の一角、児童の「自画撮り被害」という社会問題

    NEWSポストセブン

    04月11日 17:28

  10. 10

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。