記事

JR4社の車内販売が大幅縮小!カチカチアイス、ポリエチレンの茶瓶、冷凍みかんの今を調べてみた

1/2

穏やかな気候になり旅行にピッタリの季節が到来。楽しい旅を盛り上げてくれるのが食事ですね。観光地で味わう絶品グルメもいいですが、機内の食事やお酒も旅のムードを盛り上げてくれます。ところが今年2月、こんなニュースが報じられました。
JR北海道、東日本、四国、九州の4社は、弁当や飲料の車内販売を来月16日から大幅に縮小する。北海道と四国は一部観光列車などを除いてサービスから撤退し、九州は新幹線での販売を廃止。東日本は東北新幹線や秋田新幹線、在来線特急でサービスを中止したり取扱品目を絞ったりする。- https://this.kiji.is/470165552728507489

旅を盛り上げてくれるビールやおつまみ、駅弁などを購入するのに欠かせないのが新幹線の車内販売。独特のワゴンを引いた乗務員の姿が思い浮かびますが、報じられているようにこの車内販売が平成の終わりと共にほぼ終了していました。


車内販売でしか口にすることができないあの味を楽しむ機会が減ってしまうわけです。新幹線では当たり前の景色である車内販売がなぜ終了してしまうのでしょうか。調べました。

3月15日を最後に車内販売の営業を終了した新幹線は、はやぶさ(新青森〜新函館北斗間)、はやて(新青森〜新函館北斗間)、やまびこ(全区間)、こまち(盛岡〜秋田間)。

在来線特急は、踊り子、日光・きぬがわ・スペーシアきぬがわ、草津、いなほ(酒田〜秋田間)です。

3月16日以降は、これまで車内販売で扱っていたものが消えるケースもあります。取扱品目の見直し対象となる新幹線は、はやぶさ(東京〜新青森間)、はやて(東京〜新青森間)、つばさ、こまち(東京〜盛岡間)、とき。

在来線特急は、あずさ、かいじ、ひたち、スーパービュー踊り子、いなほ(新潟〜酒田間)。

これでJR東日本の運行する新幹線全体の7割で車内販売が終了。さらにJR九州の九州新幹線、JR北海道の特急列車での車内販売もこの春で終了しました。東海道新幹線では車内販売は継続されるものの、東北方面の新幹線で車内販売はほぼ消えたといっても過言ではないでしょう。

車内販売を中止する商品としては、お弁当、サンドイッチなどの軽食、デザート、お土産、雑貨。一方、車内販売を継続するものは、ホットコーヒー、ペットボトルのドリンク、お菓子、アルコール、おつまみです。

新幹線のアイスクリームが硬すぎる理由

デザートの車内販売が中止と聞いてピンと来た方。そうです。あの硬すぎるスジャータのカップアイスも車内販売中止の品目に該当しています。上記の列車では販売されません。北陸新幹線のかがやき、はくたかや新幹線のファーストクラスと呼ばれるグランクラス、東海道新幹線などに乗車すれば食べることができます。

おおたけまさよし

スプーンが刺さらないほど硬すぎることで話題になり、ネット上では「シンカンセンスゴイカタイアイス」とも呼ばれています。正式名称はスジャータスーパープレミアムアイスクリーム。

この硬さには秘密があります。スーパーで購入できるラクトアイスの乳脂肪分が8%前後なのに対して、スジャータスーパープレミアムアイスは15.5%。ハーゲンダッツの乳脂肪分が15%なので、とてもクリーミーです。

牧場で絞った生乳に加えて生クリームも使用しているため濃厚な味わいになっています。さらに食べ応えのある食感にするためアイスに含まれている空気を少なくしました。

空気が多く含まれるとソフトクリームのようなフワフワした食感になりますが、空気を減らすと、新幹線のアイスのようにシャリシャリとした食べ応えが生まれます。さらに空気を減らしたことでミルク感が損なわれず、溶けにくいのだそうです。

1991年に販売が始まったスジャータスーパープレミアムアイスは、スジャータめいらくの当時の社長だった故・日比孝吉氏が、新幹線専用アイスとして品質にこだわって作った逸品。

車内販売は縮小したもののどこかで味わうことはできないのかと調べたところ、東京駅の18番・19番ホームで購入できるという情報をキャッチ。本当なのか確かめてきました。 

新幹線の乗り口は2つ(東北方面と東海道方面)ありますが、新幹線アイスが売っているらしい18番・19番ホームは東海道・山陽新幹線乗り場です。


駅のホームに来て気が付きました。キオスクを含め売店がたくさんあります。トラップです。こうなったらホームの端から端まで歩いて探すことにしました。

1号車の先にある新幹線の父、十河信二・第四代国鉄総裁の「春下天開花一」の碑



ホームにある売店の数は全部で10軒(キオスク含む)その中で新幹線アイスが売っているのはたったの2軒でした。

1軒は15号車が停まるこちらの売店。


この売り場にはバニラ、抹茶、イチゴの3種類のみ販売(季節でラインナップは変わる可能性あり)。


もう1つが7号車のところにあるこちらの売店。


バニラ、抹茶、イチゴに加えてリンゴ味もあります。


車内販売でこのアイスを買って、ホットコーヒーで少しずつ溶かしながら食べるのが好きだったので車内販売の減少は寂しいものです。

さて、続いては昭和の新幹線でよく見たこちらの容器です。

昭和の駅弁に欠かせなかったポリエチレンの湯呑み




使い方が分かる人は昭和世代確定。正確な名前まで知っている人は少ないと思います。こちらはポリ茶瓶といって、ポリエチレンでできたお茶を入れる瓶のこと。1964年、東海道新幹線が開業をきっかけに駅弁と一緒に販売されたことで売上がアップ。

ポリ茶瓶の製造と販売を行っていた大阪屋の広報・河口さんによると1ヶ月で1万5000個が製造されていたそうです。大阪屋一社でこの数ですから、実際はもっと多くのポリ茶瓶が作られていたと推測できます。

しかし、ポリ茶瓶の時代は長く続きませんでした。缶のお茶が登場したからです。「お〜いお茶」で有名な伊藤園さんによれば1981年に缶入りの烏龍茶を販売。1985年に缶入りの煎茶を販売しています。この頃からポリ茶瓶の姿を見なくなってきました。

そんなポリ茶瓶ですが、実はまだ現役で活動している場所があります。温泉で有名な静岡県伊東市のJR伊東駅。こちらで60年以上にわたり、駅弁の販売を続ける祇園では今も駅の売店でポリ茶瓶の販売を続けています。

担当者によると、「売上が良いわけではないので辞めるのは簡単です。しかし旅の醍醐味の1つである駅弁をより楽しんでもらうためのアイテムとして今でも販売を続けています」とのことでした。

ちなみにポリ茶瓶を知らない世代でも、先ほどの大阪屋では今もポリ茶瓶を販売しています。インターネットで購入できるので旅の醍醐味を味わうために購入されてみるのもいいかもしれません。

あわせて読みたい

「新幹線」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    石破氏「日韓の歴史を学ぶべき」

    石破茂

  3. 3

    中露側との連携に舵切った文政権

    赤池 まさあき

  4. 4

    元オウム死刑囚の帰依心消えた夜

    篠田博之

  5. 5

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  6. 6

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  7. 7

    日米を敵に回し北朝鮮選んだ韓国

    AbemaTIMES

  8. 8

    住職の煽り運転めぐる報道に指摘

    猪野 亨

  9. 9

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  10. 10

    GSOMIA破棄 米では日本批判なし

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。