記事

出口局面での金利調整、内外市場への影響に配慮=雨宮日銀副総裁


[東京 23日 ロイター] - 日銀の雨宮正佳副総裁は23日の参院財政金融委員会で、現在の金融緩和を縮小する出口政策において金利水準を調整する場合は、内外の金融市場への影響に十分に配慮しながら行っていくと語った。藤田幸久委員(立憲)への答弁。

出口政策に移行する段階では「出口に向けた戦略や方針について内外の市場参加者に対し適切に情報発信していくことが大事だ」との見解を示した上で、「しっかりしたコミュニケーションを続けながら、(市場の)安定を確保しつつ対応することは可能」と断言した。

出口局面では日銀当座預金に付している金利の引き上げなどが想定されるが、「金利水準の調整を行う場合には、内外の市場にどのような影響を与えるかを十分に配慮しながら進めていく必要がある」との認識を示した。

もっとも、現状は「目標である物価安定の実現にはなお時間がかかる」とし、「物価安定という使命を果たすため、現在の強力な金融緩和を粘り強く続けていくことが必要だ」とあらためて強調した。

大規模な金融緩和政策が世界経済に与える影響を問われ、「世界の金融・為替市場はグローバル化しており、日本だけでなく各国の経済情勢、政策運営が大きな広がりを持つ」と述べ、「そうした点をしっかり念頭に置いて、適切な政策運営と丹念な市場とのコミュニケーションに努めたい」と語った。

<CLO、邦銀のリスク管理しっかりしている>

国内の低金利環境の長期化を背景に、大手を中心に日本の金融機関がローン担保証券(CLO)をはじめとした海外向けの投融資を拡大させているが、雨宮副総裁は「先進国を中心に低金利環境が続くもとで、投資家による利回り追求の動きがみられており、欧米のクレジット市場で企業債務の残高が増加している」とし、先般出席したBIS総裁会議でも「国際金融市場におけるこうした債務の積み上がりが1つの検討課題になっている」と語った。

もっとも、日本の金融機関が保有しているCLOは「格付けが最上位のものが中心であり、裏付け資産のモニタリングやストレステストなどリスク管理は相応にしっかり行っていると認識している」と指摘。

その上で「市場の動向に応じてはクレジット商品の価格が大きく変動することもある」と述べ、日銀として「金融機関の投資動向は今後も注視していきたい」と語った。

(伊藤純夫 編集:内田慎一)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  6. 6

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  7. 7

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  8. 8

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  9. 9

    東京都の感染者数が3177人に いよいよ菅政権と小池都政の人災であることは明白

    井上哲士

    07月28日 18:48

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。