記事

吉野家から高級フレンチまで、日本の外食は世界一


前日夜に久しぶりにお酒も飲まず、早めの夕食を軽く済ませ、10時前に早寝したら、深夜の2時に目が覚めて、目が冴えて寝られなくなってしまいました。

二度寝しようとベッドの中でしばらく努力したのですが、途中で諦めて、音楽を聴いたり、メールを打ったりしていました。そのうちに、お腹が空いてきて、どうしても白米が食べたくなってきました。

夜が明けて、空が明るくなってきたので、家の近くの吉野家に出かけることにしました。朝の4時から朝食メニューを提供しています。

納豆ご飯と牛皿小鉢、サラダにしじみのお味噌汁で、会計は何と560円。これで本当にビジネスとして成り立つのか?本当に不思議です。しかも、サービス料もかからないのに、丁寧な接客で、お水やお茶まで持ってきてくれました。

世界で一番コストパフォーマンスの良いお店といっても過言ではないと思います。

日本の外食は、吉野家のようなファストフードから、1人5万円以上するような和食やフレンチの高級店まで、価格もお料理の種類も本当にバリエーション豊かです。

旅行に行きたいところは、東京以外にもたくさんあります。しかし、東京以外で住んでみたいと思う街が無いのは、東京の圧倒的な食の充実があるからです。

日本食を含め、これだけの選択肢をこれだけの価格で提供出来るのは、世界でも東京だけ。しかも、例えば早朝の4時からでも食べたいと思ったら、時間を気にせず食べることができる。これは凄いことです。

いつもと違う生活パターンで早起きしてしまったことで、再確認した日本の外食の高いレベル。

春の花粉症や真夏の蒸し暑さなど東京にはうんざりすることもたくさんありますが、それを上回る魅力がある限り、東京から引っ越すことは無いと思います。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計22万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年5月23日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「外食産業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  2. 2

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  3. 3

    宮迫の闇営業弁明に関係者「嘘」

    SmartFLASH

  4. 4

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  5. 5

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  6. 6

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  7. 7

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  8. 8

    噛む力失う? 歯列矯正に潜む危険

    幻冬舎plus

  9. 9

    イラン関与に同調せぬ日本を称賛

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    香港デモ成否が日本の未来に影響

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。