記事

小嶺に誘われた?元KAT-TUN田口淳之介の大麻逮捕

元KAT-TUNのメンバーだった田口淳之介容疑者(33)と女優の小嶺麗奈容疑者(38)が22日、大麻取締法違反(所持)容疑で、厚労省関東信越厚生局麻薬取締部(通称「マトリ」)に現行犯逮捕された。

2人の逮捕容疑は22日午後1時47分、東京・世田谷区内の自宅マンションで乾燥大麻数グラムと吸引器具を所持した疑い。マトリによると「自宅と車の中を捜索し、グラインダーや巻紙などを押収した」そうだが、大麻については「隠し持っていたというより、自宅内に無造作に置いてあった。おそらく日常的に使用していたのでしょう」。

逮捕後の2人は使用を認め、取り調べに対しても素直に応じているそうだ。

小嶺に誘われた?薬物の噂絶えないクラブに出入り

共同通信社

あるクラブ関係者によると、十数年前から一緒にいるところを目撃していたそうで、今回の報道があるまで「結婚しているのかと思っていた」と言う。

2人の関係については、供述から「事務所の代表(田口容疑者)と事務所の社員」とし、婚姻関係はないが「同居していて内縁関係」と説明しているようだ。

ところで、今回の2人の逮捕を受けて六本木界隈を根城にする黒服が重い口を開いてくれた。

「六本木にあるサパークラブによく来ていましたよ。そのクラブの経営者Aは俳優としても知られ、ハリウッド俳優のスティーブン・セガールなんかのプロモーターも務めていたんです。そんなことから、そのクラブには歌手や女優はもちろん、プロダクションやテレビ局のプロデューサーなど芸能関係者が集まることで有名だったんだけど、一方では薬物の噂が絶えなかった。で、マトリも動いていたのですが、偶然にも俳優Kが捜査網に引っかかって逮捕されたなんてこともありましたね。他にも常連だったK女史がパクられたこともありました。そのクラブに当初出入りしていたのが小嶺だったと思う。おそらく田口は小嶺に連れられてきたんじゃないでしょうか」とした上で「逮捕と聞いたときはシャブ(覚せい剤)かと思いましたよ。それが大麻と聞いた時は、ちょっと驚きましたね。当然、尿検査もするのでしょうね」。

いずれにしても、捜査関係者は「常習的に大麻を使用していた」とみている。

異例の契約解除 捜査情報伝わっていたか

Photo by Austin Neill @arstyy On Unsplash

田口容疑者は、3年前の2016年に人気アイドルグループだったKAT-TUNを脱退、同時にジャニーズ事務所を退社した。その後、個人事務所を設立しユニバーサルミュージックからソロ・デビューしていた。が、CDセールスは伸びなかったようで「昨年12月で契約を解除された」(関係者)という。

ただ、「2年も経たない中での契約解除はあり得ないことです。おそらく、通常ではあり得ないマトリによる捜査情報が何らかの形で伝わっていたと見る方が自然でしょう」(プロダクション関係者)。

その一方、小嶺容疑者は女優として、95年に映画「水の中の八月」で女優デビュー。その後、TBS系「3年B組金八先生」にも出演して人気となった。供述している通り、田口容疑者の個人事務所の社員であると同時に所属女優だったようだが、12年以降は、これといった芸能活動はしていなかったという。

小嶺は当初、別の男性との関係が噂されたが「いつの間にか、田口に乗り換えていた。よほど相性が合っていたんでしょうが、おそらくジャニーズで人気だった田口に近づいたのでしょう。結局、田口は小嶺に誘われて薬物に手を出したのだと思います。そう言った意味では薬物で結びついていた関係だったのでしょう。ただ、最近は田口のマネジャーのようなこともしていたと言われています」(芸能関係者)。

進む内偵捜査 多くの俳優・歌手が捜査線上に

共同通信社

それにしても、コカインの使用で逮捕されたピエール瀧被告以来、芸能界はマトリによる内偵捜査の噂が絶えない。

NHK大河ドラマにも出演した大物俳優のAや2時間ドラマ常連の俳優B、さらには「NHK紅白歌合戦」にも出場したことのある実力派女性歌手のC…。その他にもビデオ映画で常連だった俳優のDなど、「未確認情報」とは言っても捜査線上に挙がっている俳優や歌手は多い。

「日本ばかりではなく韓国でも〝ミルク姫〟ことファン・ハナやパク・ユチョンがニュースになるなど、深刻な事態になっています。結局、これだけ騒ぎになっていても大麻や覚せい剤などの使用をやめないのは、もちろん、簡単にはやめられないからだとは思いますが、一方では、自分だけは大丈夫だという間違った驕りがあるからでしょう。だから、田口にしても部屋の中に大麻を無造作に置いているんですよ。要は、日常で使用していくうちに感覚が麻痺してしまっていたのでしょうね」(芸能関係者)。

情報提供者がいて内偵捜査に入ったという点においては、ピエール瀧と同じだが、マトリによる〝内偵捜査〟はまだまだ続いている。今回は大麻の入手先なども含め新たな事実が出てくることは間違いないが、その一方で、今後も芸能界からの逮捕者は続いていくことだけは確かだ。

あわせて読みたい

「田口淳之介」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    彼女の生理日を知りたい男性9割

    工藤まおり

  2. 2

    よしのり氏「安保破棄してくれ」

    小林よしのり

  3. 3

    すぐバレる嘘で窮地に陥る文政権

    高英起

  4. 4

    徴用工問題避けたい文政権の本音

    文春オンライン

  5. 5

    堀江氏の保育士めぐる発言に反論

    田中俊英

  6. 6

    安倍内閣の数え切れぬ不信任理由

    大串博志

  7. 7

    度を超す学歴重視が生む教育虐待

    おおたとしまさ

  8. 8

    銀行員のジーパン勤務OKに大賛成

    川北英隆

  9. 9

    自民党に鞍替えする政治家に嘆き

    早川忠孝

  10. 10

    闇営業ギャラにブラマヨ吉田持論

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。