記事

パナソニックが米ファーウェイとの該当取引中止、米政府規制受け


[東京 23日 ロイター] - パナソニック<6752.T>は米政府が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]と米企業の取引を原則禁じる制裁措置を取ったことを受け、ファーウェイとの該当取引を中止したことを明らかにした。

該当しない取引を継続するかどうかについては、回答を控えた。

パナソニックは「当社は米国の輸出管理法令の順守を方針の一つにしており、禁止されている取引を中止するよう徹底している」とコメントした。

ファーウェイとの取引を巡っては、22日にはソフトバンク<9434.T>とKDDI(au)<9433.T>、楽天モバイルがファーウェイ端末の発売延期を決めたほか、NTTドコモ<9437.T>も予約受付を停止しており、日本企業への影響はさらに広がりそうだ。

(志田義寧)

あわせて読みたい

「HUAWEI(ファーウェイ)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「企業の魂」を売ったオリンパス

    大関暁夫

  2. 2

    GoTo「東京外し」は憲法に抵触か

    青山まさゆき

  3. 3

    バイキング 政権批判続ける事情

    NEWSポストセブン

  4. 4

    ツーブロックNG 驚きの理由とは

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    「なぜ不倫しないの」への答え方

    文春オンライン

  6. 6

    欅坂46なぜ改名? 平手一強の弊害

    文春オンライン

  7. 7

    藤井七段が最年少タイトルを獲得

    ABEMA TIMES

  8. 8

    命を守る現場 待遇なぜ悪いのか

    毒蝮三太夫

  9. 9

    子ども騙し?2野党合流協議に呆れ

    早川忠孝

  10. 10

    尾身氏「緊急宣言のときと違う」

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。