記事

諫早湾干拓問題…最高裁はどう動くか

諫早湾干拓問題において、昨年福岡高裁が示した、開門命令を無効とした判断に対して、今日、最高裁が上告審弁論を7月26日に指定しました。

これを受けて報道各社は、昨年の福岡高裁が出した開門命令無効の判断が見直される可能性が出てきた、と報道しています。

もちろん裁判ですから、今後どうなっていくか、本当に福岡高裁の判断が見直されるのかは見通せません。

しかし、とにかく昨年福岡高裁が出した、「開門命令は強制できない」とした、いわゆる開門命令無効の判断は、私から見ても無茶苦茶な論理に基づくものでした。

その論理とは、「確かに、開門をせよとの判決を出したが、その根拠となっている漁業者の『漁業権』はもう期限が過ぎて効力が無くなっているので、開門を強制することはできない」というものでした。

漁業権とはそんなものなのか。漁業法に基づく漁業権とは、期限が来たら無効になるものなのか。もし本当にそうなら、漁業者は安心して漁業を生業として取り組むことはできません。

現実に、これまでもいったん認められた漁業権は、永続的に漁業者に対して認められてきています。

それを、なぜ諫早湾干拓問題の時だけ、「期限が来たら効力を無くす」と言えるのか。裁判所にしては驚くべき支離滅裂な内容でした。

最高裁のもとで、この問題がしっかり取り上げられることを期待したいと思います。

あわせて読みたい

「諫早湾」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  3. 3

    英軍の靖国参拝めぐる右派の誤解

    清 義明

  4. 4

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  5. 5

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  6. 6

    前環境相「真意伝わっていない」

    原田義昭

  7. 7

    千葉のゴルフ場を悪者にする謎

    かさこ

  8. 8

    韓国政府の日本語サイトに苦言

    AbemaTIMES

  9. 9

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

  10. 10

    未だに処理水批判する韓国の悲愴

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。