記事

故郷に対する感情が「憎」から「愛」に傾いていった - 「賢人論。」第89回箭内道彦氏(前編)

2/2

震災を前に、自分に何ができるかを試されている気がした

みんなの介護 猪苗代湖ズが結成されておよそ半年後の2011年3月11日、東日本大震災が起こります。

箭内 あんなにつらく、厳しい出来事が故郷に起こるなんて、もちろん予期していたわけではありません。だけど、そのことが起こる前に何年かかけて、準備させられていたのかもしれませんね。  

もし、「207万人の天才。」の広告をきっかけにはじまった活動がまったくなくて、相変わらず福島に「憎」の気持ちしか持っていなかったとすると、震災が起こったときに何もできず、ただ呆然とするだけだったと思いますから。

みんなの介護 2011年3月11日(金)の14時46分、箭内さんはどこで何をしていましたか?

箭内 神奈川県川崎市の溝の口にあるスタジオで、長澤まさみさんたちが出演するCMの撮影をしていました。

夕方に撮影を終えて、電話がなかなかつながらない中、安否確認をするうち、福島が大変な状況にあることがわかってきて、自分に何ができるのかを試されているようにも感じました。

でも、はじめのころは無力感しかありませんでした。すぐにでも福島に駆けつけたかったけれど、今、僕が福島に行ったところで足手まといになるだけだと福島の友人たちに言われたんです。それで、僕の事務所に仲間のミュージシャンたちを呼んで、東北へのメッセージをインターネットを通じて配信したりして、東京でできることを精いっぱいやろうとしていたけど、電気が止まっている被災地ではそれを見ることができないわけですから。  

そんな風に立ち往生しているところ、山口隆が「あの歌があるじゃないですか」とレコーディングを提案したんです。

みんなの介護 猪苗代湖ズの「アイラブユーベイビー福島」が復興チャリティーソング「I love you & I need you ふくしま」として生まれ変わった瞬間ですね。

箭内 そうです。この曲の配信で寄付を募って被災地にお金を届けるという方法に気づいたわけです。  

猪苗代湖ズのメンバーが、電力不足の影響のない名古屋市のスタジオにレコーディングに向かったのが3月17日のことでした。

広告という仕事で培ったスキルを、震災復興支援に全投入

みんなの介護 震災後の9月には、「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」と題した音楽フェスを福島県内の6ヵ所で開催し、3万人近い観客を動員。それに引き続いて年末にはNHK紅白歌合戦に出演して「I love you & I need you ふくしま」を披露しました。福島を応援する手段として、見事な流れだったと言わざるを得ません。

箭内 それまでに築いてきた人脈や、広告業界で学んだスキルをフルに生かすつもりでした。

広告って、何かをたくらんだり、仕掛けたりして人の目を惹きつけたり、行動につなげたりする力がありますよね。それだけに、「怪しい」とか、「騙されないぞ」と悪し様に言われることがあるけど、たくさんの人にメッセージを届けるスキルは、世の中を良い方向に導くこともできると僕は信じています。

NHK紅白歌合戦という番組は、アメリカのNFLスーパーボウルのように国民の大多数が見る番組ですから、どんなCMを打つより効果があります。ですから、メンバーには夏頃から「大晦日のスケジュールは空けておけ」と言っていました。メンバーは3人とも、「本当にオファーなんてくるの?」って怪訝(けげん)な顔をしてましたけど、僕には根拠のない自信がありました。

みんなの介護 第62回NHK紅白歌合戦は、震災後の自粛ムードの中、中止も検討されたそうですから、猪苗代湖ズが福島の今を伝える絶好の場を与えられたのは何よりのことだと思います。

箭内 とにかく、猪苗代湖ズの紅白出演は、それまで僕が手掛けてきた広告の中で、もっとも重たい使命を果たさなければならなかった仕事でした。

NO TOMORROWを目指していた自分が、はじめて「約束」をしたいと思った

みんなの介護 震災をきっかけにして、福島に対する思いはずいぶん変化したと思いますが、箭内さんにとってどんな変化でしたか?

箭内 とても大きな変化です。自分の事務所に「風とロック」という名前をつけている通り、ロックな生き方に憧れ続けてきた僕にとっては、「NO TOMORROW」、すなわち「明日なき疾走」が何よりの信条でした。安定することを拒否して、今日だけのことに全力を尽くしてきた。

ところが、震災後の福島の姿を目の当たりにしたとき、今日と明日がつながっていることが、どれだけありがたいことかって気づいたんです。それはもう、頭をガーンと叩かれたような衝撃的な気づきでした。

そんなことがあって震災直後、福島のテレビ局の報道番組にコメントを求められたとき、「僕は一生、福島を支えていきます」とカメラの前で言っていました。 

NO TOMORROWに生きてきた僕にとって、「一生」の約束なんて、あり得ないこと。だけど、そのとき僕は福島の人たちに「約束」をしたいと思ったんです。放射線のことや、避難生活がどれだけ続くのかといったことを、誰も約束してくれない状況にいる被災地の人たちに僕ができる、せめてものこととして。

そのためには、長生きしなければいけないとも思いました。これも、それまで一度も思ったことのなかったことです。その変化には、とても驚かされました。震災をきっかけに、世の中の見え方が180度変わってしまった。

みんなの介護 それは箭内さんにとって、好ましい変化ですか?

箭内 いや、これは好き嫌いで語れることではなくて、有無を言えない絶対的な変化と表出なんです。僕は、福島が復興する過程を最後まで見届けなくてはならないし、そのためにはできる限り長生きして、福島の人たちとつながり続けなければならない。その信条は、今後も変わることはないでしょう。

あわせて読みたい

「震災復興」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  5. 5

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  6. 6

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  7. 7

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  8. 8

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

  9. 9

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  10. 10

    電通で感染者 全社員が在宅勤務

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。