記事

社会人の7割「年金は60代から受給したい」 「体が辛くないうちに」「体力等の理由で働けなくなるのがこの年齢」

体が健康なうちにもらって人生を楽しみたい、という声が多いようです
体が健康なうちにもらって人生を楽しみたい、という声が多いようです

エアトリは5月22日、公的年金に関する調査の結果を発表した。調査は今月9日から13日にかけて実施。20代から70代の男女1211人から回答を得た。

公的年金の受給開始年齢の繰り上げ・繰り下げ制度の認知度を聞いたところ、20代の認知度は70.6%と、全ての世代の中で最も低かった。年代が上がるにつれて認知度が高まり、60代と70代では9割以上にのぼる。

年金未受給者が退職後にやりたいこと1位「旅行」<

受給開始年齢を自由に選べ、年齢に応じて受給額が変わる制度についてどう思うか聞くと「賛成」が46.8%で最多だった。「反対」は11.7%、「どちらとも言えない」は41.5%だった。「反対」は若い世代に多く、反対理由としては

「引き上げをした所でじゃあ働いて給料をもらえる場所はあるのか?という話です。働く事が出来ない状態で無理な引き上げをするとその人達はどうしていけばよいのでしょうか?若い人の負担が増えるばかり何も解決しません(30代女性)

「現在でさえ年金をもらうためのハードルがあがっているのに、自分がその世代になった時、はたして本当にもらえるのかどうか、もらえない気がするから」(40代女性)

などの声が出ている。

もし自由に受給年齢を決められる場合、何歳からの受給を希望するか聞いた。最も多かったのは「65~69歳」(43%)。「60~64歳」(31.4%)と合わせると、約7割が60代での受給を希望していることになる。70代以上を選んだ人は約2割だった。

「60代」を選んだ人からは、

「体がつらくならない年齢でもらう。健康なうちに旅行したい」(60代男性)

「体力的とか社会状況で就職するのが難しく働けなくなるのがこの年齢のような気がする」(60代女性)

と、定年退職と共に受給して余暇を楽しみたいという意見が見受けられた。「70代以降」を選んだ人は、年金をあてにしていない若年層か、現在も働いていて収入があるシニア層がメインとなっている。

現在年金をもらっていない人を対象に、退職後にやりたいことを複数回答で聞いたところ、最も多かったのは「旅行」(88%)。2位「食べ歩き」(33.4%)、3位「運動」(32%)を大きく引き離した。

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  2. 2

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  3. 3

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  4. 4

    イラン関与に同調せぬ日本を称賛

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    2000万円貯金して個人消費は無理

    毒蝮三太夫

  6. 6

    アクセル踏み間違い根絶に有効策

    志村建世

  7. 7

    日韓世論で温度差 相手国の印象

    WEDGE Infinity

  8. 8

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  9. 9

    年金不安を煽る金融庁は猛省せよ

    深谷隆司

  10. 10

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。