記事

白須賀文科政務官を乗せた車が“当て逃げ” - 「週刊文春」編集部

 緊急事態に備えて東京に待機する「在京当番日」のうち、就任から半年間で13日間、選挙区の千葉県に滞在していたと報じられた、文部科学政務官(科学技術担当)の白須賀貴樹・衆院議員(44、自民党)。その白須賀議員が同乗する車が在京当番日に、地元の千葉県で物損事故を起こし、運転していた公設秘書が道路交通法違反の容疑で書類送検されていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

【写真】1月12日の行動が書かれた白須賀議員のHPと、文科省作成の資料


白須賀貴樹氏

 事故を起こしたのは、やはり在京当番日だった今年1月12日午後2時半過ぎ。白須賀議員を乗せた車が千葉県松戸市内で20代の男性が運転する車と接触。ドアのサイドミラー同士がぶつかったものの、白須賀議員の車はそのまま現場から走り去ったという。

 千葉県警関係者が語る。

「被害者はすぐに110番通報しました。車は、白須賀議員の私用車だった。松戸署はその後、運転していた公設秘書と、同乗していた白須賀議員から事情聴取を行っています。公設秘書は今年3月、道路交通法違反容疑で書類送検されました」

 交通事故に詳しい加藤博太郎弁護士の解説。

「当たったことを認識していたのに警察に報告しなかった場合、道路交通法上の報告義務違反にあたります。物損事故にもかかわらず、書類送検されたということは、警察側も悪質だと見て、被害届を受理して捜査したのでしょう。同乗者も“当て逃げ”の事実を承知していたのであれば、道路交通法違反の幇助に問われかねないケースだと思います」

 白須賀事務所に事情聴取の有無などについて尋ねたところ、書面で次のように回答した。

「現在捜査中の案件のため、捜査等への影響を考慮し、コメントは差し控えさせて頂きます」

 5月23日(木)発売の「週刊文春」では、事故の詳細のほか、白須賀議員の人物像、白須賀議員との一問一答などについて詳報している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年5月30日号)

あわせて読みたい

「文部科学省」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    企業の短命化で「高学歴」が仇に

    内藤忍

  2. 2

    堀江氏「ヤクザはグイグイくる」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  4. 4

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  5. 5

    山本太郎氏の演説は人を酔わせる

    早川忠孝

  6. 6

    はあちゅう AV男優の夫もつ心境

    AbemaTIMES

  7. 7

    橋下氏がネット番組批判「虚偽」

    橋下徹

  8. 8

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  9. 9

    G20の日韓会談「何も決まらず」

    ロイター

  10. 10

    上田晋也の政権批判番組が終了へ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。