記事

RIZAPの上場子会社、2020年3月期は反転黒字見込み

 RIZAPグループ(株)(TSR企業コード:295695790、札証アンビシャス、以下ライザップG)の上場子会社の2019年3月期決算が出そろった。

 上場子会社のうち、(株)ジーンズメイト(TSR企業コード:710101767、東証1部)は、総利益(粗利)率が0.9ポイント改善したことに加え、販管費削減の取り組みも奏功し、過去11年で最高の営業利益を達成した。一方、堀田丸正(株)(TSR企業コード:291028470、東証2部)は、洋装事業で過剰在庫を一括処理し営業赤字に転落した。ただ、洋装以外の事業は黒字化しており、来期(2020年3月期)以降に道筋をつけた。

 (株)ワンダーコーポレーション(TSR企業コード:280197969、JASDAQ)は、不採算店舗の減損処理や閉店費用の引当てなど構造改革費用で48億円の特別損失を計上し、51億5,900万円と大幅な当期純損失となった。夢展望(株)(TSR企業コード:57 5142308、マザーズ)は、有形固定資産の減損等で1億7,900万円の営業損失を計上した。

 ライザップGは2018年10月以降、グループ会社の売却や事業統合、店舗の統廃合などの構造改革に着手。瀬戸社長は、「赤字は2回出せない。損失を出し切る」と語り、グループ各社は思い切った構造改革の実施で当初予想より営業減益となった企業が大半を占めた。

 ライザップGの1社と取引のある企業は、今回の構造改革に一定の理解を示した上で、「事業の見直しや店舗のリニューアルをした直後は業績が好転する。この業績を維持できるかが重要だ」と引き続き動向を注視する。ライザップGは、構造改革による赤字計上は「一過性」としているが、今後も改善した業績を維持できるか注目される。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2019年5月23日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

 TSR情報とは

あわせて読みたい

「ライザップ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  4. 4

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  5. 5

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  6. 6

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  7. 7

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  8. 8

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  9. 9

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  10. 10

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。