記事

解散の大義と衆参同日選挙

安倍自民党から「内閣不信任案の上程は、衆議院解散の大義になり得る」という発言が出てきて、政治情勢はにわかに緊迫してきた。同日選挙は、与党に有利な結果になり勝ちであることは、経験上知られている。政府自民党への支持率は、このところ悪くはない。天皇の退位・即位にまつわる行事も、いろいろ言われながらも、政府自民党への信頼感に寄与しているように見える。この状況での「解散の大義」発言である。「今なら勝てる」という読みがあってのことだろう。

だが「大義」があろうがなかろうが、首相には衆議院を任意に解散する権限があるという法解釈を、強引に進めてきたのが他ならぬ自民党なのだ。憲法の第七条に、「天皇の国事行為」を定めた中に、第3項「衆議院を解散すること」と書いてあるのを根拠として、政府は任意のときに衆議院を解散できるとしたのだ。だから「解散の詔書」には、「憲法第七条により」と書かれるのが例になっている。しかし解散の原則としては、別に「内閣不信任案の可決」または「信任案の否決」という規定もあるのだ。私が大学で法学を習ったときは、「第七条」のみを根拠とする解散は違法であると教えられたものだ。

今回、自民党が「内閣不信任案の上程」を解散の理由にあげたのは、これまでさんざん使ってきた「独断専行の解散」への後ろめたさが、多少はあったのかもしれない。でも、不信任案の上程だけを理由にするのでは弱いと思う。不信任案に賛成までは出来なくても、棄権か欠席をして、議会で可決させてみたらどうか。「本院は、安倍内閣を信任せず」という議決を、ぜひ聞いてみたいものである。

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アダルト分野で素顔を晒す是非

    工藤まおり

  2. 2

    吉本芸人は謝罪文をこう書くべき

    永江一石

  3. 3

    よしのり氏「小室家は被害者」

    小林よしのり

  4. 4

    闇営業横行を断罪できぬ芸人たち

    たかまつなな

  5. 5

    韓国が国際法守ればG20会談実現

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  7. 7

    日本で定着 「お金=汚い」の偏見

    内藤忍

  8. 8

    フジ秋元アナが異動 不倫影響か

    女性自身

  9. 9

    今治タオル企業がネットの噂否定

    キャリコネニュース

  10. 10

    NHKで逮捕者 局内に犯罪予備軍か

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。