記事

原油先物は下落、サウジが需給均衡目指すと再表明


[東京 22日 ロイター] - アジア時間の原油先物は下落。サウジアラビアが国際石油市場の需給均衡を目指し、中東の緊張緩和を図る意向を改めて示したことが材料視されている。米原油在庫統計が予想外の増加となったことも相場を下押しした。

0037GMT(日本時間午前9時37分)時点で、北海ブレント先物<LCOc1>は0.37ドル(0.5%)安の1バレル=71.81ドル。

米WTI原油先物<CLc1>は前日に取引最終日を迎えた6月限に代わる期近の7月限が0.54ドル(0.9%)安の62.59ドル。

サウジ国営メディアが22日報じたところによると、内閣に当たる閣僚評議会は声明で「いかなる戦争も回避するため、あらゆる措置を取る」と表明。また同国政府が「石油市場における均衡を達成し、持続的な市場の安定に向けて取り組む」と明言した。

米石油協会(API)が21日公表した統計によると、前週の国内原油在庫は240万バレル増となった。アナリストは59万9000バレルの減少を予想していた。米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)の原油在庫統計は22日に予定されている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  2. 2

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    いきステ不調 改善には社長交代?

    永江一石

  4. 4

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  5. 5

    梅宮辰夫さん「芸能界消滅する」

    渡邉裕二

  6. 6

    ジャパンライフ被害男性の証言

    田中龍作

  7. 7

    山本太郎氏「酔っ払い」とも対話

    田中龍作

  8. 8

    忘年会やめて「ボーナス増やせ」

    かさこ

  9. 9

    日韓の「こじれ」朝日新聞に責任

    NEWSポストセブン

  10. 10

    伝説のファウルをW杯審判が解説

    森雅史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。