記事

天安門事件から30年、「タンクマン」を台湾芸術家がバルーンで再現


[台北 21日 ロイター] - 中国で1989年6月4日に発生した天安門事件から30年。当時、学生らによる民主化デモを弾圧した戦車の前に男性が丸腰で立ちはだかり、「タンクマン」と呼ばれた有名なシーンを、台湾の芸術家が巨大なバルーンで再現した。

バルーンは、台湾で最も有名な史跡の1つである中正紀念堂のそばに展示されている。

中国では天安門事件について、報道機関やソーシャルメディアで厳しく検閲されており、中国共産党は天安門広場とその周辺で何人の抗議者が殺されたかを公表していない。

バルーンを制作したShake氏は「わたしは台湾人として、いつか中国の民主化を助けたい。台湾人がこのことを忘れないように、そして台湾人に中国の政権は危険だということを思い出させるように、議論を続けることが大切だ」と述べた。

訪れていた21歳の学生は、作品について「中国政府に対する声明」と呼ぶとともに、「ここに展示するのはとても勇気があると思う。夜に針で刺す人がいるのではないかと心配だ」と話した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    企業の短命化で「高学歴」が仇に

    内藤忍

  2. 2

    堀江氏「ヤクザはグイグイくる」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  4. 4

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  5. 5

    山本太郎氏の演説は人を酔わせる

    早川忠孝

  6. 6

    はあちゅう AV男優の夫もつ心境

    AbemaTIMES

  7. 7

    橋下氏がネット番組批判「虚偽」

    橋下徹

  8. 8

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  9. 9

    G20の日韓会談「何も決まらず」

    ロイター

  10. 10

    上田晋也の政権批判番組が終了へ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。