記事

GDP速報値

 今日発表された、1月から3月までのGDP速報値は、秋の消費税引き上げや政局の動向も含め、非常に注目されていましたが、年率2.1%増と、当初の予測を上回る結果でした。

 しかし、GDPの半分強を占める個人消費が2四半期ぶりに0.1%減、設備投資も0.3%減となり、輸出(2.4%減)から輸入(4.6%減)を引いた外需がプラスとなった故、GDPがプラスになったという解説が多く、24日の月例経済報告の表現ぶりが次の焦点です。

 3月の実質賃金の速報値は、45年ぶりの高水準の有効求人倍率という一方で、前年同月比2.5%減と3カ月連続のマイナスで、3年9か月ぶりの下落幅となっていました。

 景気動向指数も6年2か月ぶりに「悪化」に引き下げとなっており、世界経済と内需の行方も氣になりますが、余程の事でない限り、社会保障の財源確保の為の消費税は、予定どうり断行するべきであると考えます。

あわせて読みたい

「GDP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  3. 3

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  7. 7

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  8. 8

    首相を猛批判 小泉今日子に変化?

    女性自身

  9. 9

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  10. 10

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。