記事

米国民の約半数、イランと数年以内に開戦と予想=調査


[21日 ロイター] - ロイター/イプソスが21日に公表した調査によると、米国民の約半数は数年以内にイランとの開戦を予想している。

調査によると、イランが米国の安全保障上の脅威になるとの懸念は昨年より高まっている。ただ、イランへの先制攻撃は大半が反対。一方、イランが米軍を攻撃した場合、5人中4人は、限定的、もしくは全面的に反撃すべきだと考えている。

調査は5月17─20日に実施。全米1007人から回答を得た。うち、民主党員は377人、共和党員は313人。誤差の範囲は4%ポイント。

トランプ米大統領の対イラン政策については、支持しないが49%、強く反対が31%。支持するは39%だった。

数年以内にイランと開戦すると予想した人は51%で、昨年6月の同様の調査から8%ポイント上昇した。

イランは米国にとり「深刻な」もしくは「差し迫った」脅威だとの見方は53%で、昨年7月の調査から6%ポイント上昇した。北朝鮮が脅威との回答は58%、ロシアが脅威だとの回答は51%だった。

米国はイランに先制攻撃をすべきでないと60%が回答。先制攻撃すべきだと回答した人は12%にとどまった。

ただ、イランが攻撃した場合、米軍は報復措置を取るべきだと回答した人は79%だった。限定的な報復措置を支持する人は40%、本格的に反撃すべきだとの回答は39%だった。

あわせて読みたい

「イラン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    野村克也氏の本塁打は実質985本?

    毒蝮三太夫

  3. 3

    辻元氏 ANA資料は公正かつ誠実

    辻元清美

  4. 4

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  5. 5

    苺ブッフェ 持ち帰りOKは画期的

    東龍

  6. 6

    「おっぱい祭り」NHK大河が話題

    SmartFLASH

  7. 7

    長妻氏側が山本太郎氏側に圧力か

    田中龍作

  8. 8

    肺炎より地元行事? 大臣は無責任

    大串博志

  9. 9

    かつて「エリート」だった銀行員

    内藤忍

  10. 10

    告発の岩田医師は「大人の対応」

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。