記事

大学生が"ペイペイ払い"に尻込みする理由

1/3

各社が一斉に参入した「キャッシュレス決済」。普及のカギを探るべく、今回6人の若者との座談会を収録しました。世界の「キャッシュレス社会」に関して研究を行っているサイバーエージェント次世代生活研究所・所長の原田曜平さんは「若者たちは『自分だけ使うと悪目立ちする』と話す。企業は『みんなが使っている』と演出する必要がある」と指摘します――。(前編、全2回) 原田曜平さん(撮影=プレジデントオンライン編集部、以下すべて同じ)

【座談会メンバー】
法政大学国際高校3年・赤峰沙枝、早稲田大学3年・牧之段直也、中央大学2年・小川莉歩、日本女子大学2年・千葉愛子、青山学院大学3年・浅見悦子、青山学院大学2年・里村萌恵。

■500円目当てに1回だけ使って終わり

【原田】現在、サイバーエージェント次世代生活研究所では、キャッシュレス社会の研究を行っています。日本と世界のキャッシュレス決済事情やキャッシュレスサービスの最新店舗を調べ、日本の未来はどんなキャッシュレス社会になるのか、中国のようにQRコードが普及するのか、欧米や韓国のようにクレジットカードやデビットカードがさらに普及するのかなどを分析しています。

また、日本がキャッシュレス社会になった近未来、日本の小売りの店舗やそこにおけるサービスはどのようなものになるかを研究・分析し、サイバーエージェントの得意先である小売りやメーカーと共同し、未来の店舗作りや新しい販促活動に役立てようとしています。

さて、今日は、「キャッシュレス決済」が、どれだけ今の高校生や大学生たちの間で広がっているのか。また、彼らが「キャッシュレス決済」にどんな意識を持っているのか。そんなことをじっくり聞きたいと思って高校生と大学生に集まってもらいました。

「キャッシュレス決済」には大まかに分けて3種類あります。最近話題のスマホを使った「QRコード決済」。国内では「PayPay」「LINE Pay」「楽天Pay」「ORIGAMI」などがありますね。キャッシュレス先進国である中国で圧倒的に普及している「Alipay(アリペイ)」や「WeChat Pay(ウィーチャットペイ)」も、このタイプです。

次に、ICカードやスマホを端末にタッチする「非接触型」。交通系の「Suica」や「PASMO」、流通系の「WAON」や「nanaco」などがあります。「Apple Pay(アップルペイ)」「Google Pay(グーグルペイ)」もこの仲間ですね。

そしてクレジットカード。VISA、マスター、JCBといったブランドがあります。

今日は主にQRコード決済の話を中心に議論していきたいと思っているのだけど、皆さんはこの座談会のために、周囲の友達にも決済サービスの知名度や使用状況をリサーチしてきてくれたんだよね?

【赤峰】私は高校の部活メンバー40人に聞いてきましたが、「PayPay」「LINE Pay」の知名度は100%でした。

【原田】QRコード決済の代表的な2サービスの知名度は、高校生の間で100%なんだ。すごい。テレビ広告も大量にやっているもんね。で、その40人の中で、QRコード決済を実際に使った経験がある人はどれくらいいたかしら?


【赤峰】部活メンバーの40人中、使ったことがある人は3、4人というところです。それも「PayPay」の初回登録でもらえる500円が目当てで、それをもらうために一回使ったら終わり。アプリをアンインストールまではしないけど、その後もQRコード決済を普段使いしている子は1人もいなかったです。

【原田】あらら。高校生にとって500円という金額は相当でかいと思うのだけど、それでもその500円につられたのがたったの40人中3、4人か。しかも、その3、4人でさえ、500円だけが目的だったから、その後は使わなくなってしまっているんだね。大学生はどうだろう?

■キャッシュバックキャンペーンでアップル製品

【小川】私、「ORIGAMI」と「楽天Pay」は、今回初めて聞きました。「LINE Pay」はLINEをやっているので、アプリ内で見かけてその存在は知っていましたが、使ったことはなかったです。

インスタのストーリー(24時間で消える画像・動画投稿機能)上でアンケートを周りの友達に採ってみたところ、78人から回答があって、そのうちでQRコード決済の使用経験者は18人でした。2割ちょっとですね。

聞いた中で一番の高額決済は、普段割引されないアップル製品を「PayPay」の「100億円キャンペーン」を利用して買ったケース。大学生というより社会人の先輩で「PayPay」のキャッシュバック目当てで使った人は結構いましたよ。

そして、やっぱりキャンペーンが終わると使わなくなる人が増えましたが、第二弾のキャンペーンが始まってからは、多少使い慣れたのか、その後、ファミマなどで継続して使用するようになった人も一部いるようです。

【原田】あくまで正確な定量調査ではなく、東京および東京近郊に住む若者である君たちの周りの友達の中だけでの話ではあるけれど、高校生は10%くらい、大学生は20%くらいがキャッシュバックキャンペーンに響いてQRコード決済と触れた経験がある、ということが言えそうだね。

【浅見】私が聞いた人でも、「PayPay」を使っていた5人中3人が、同じくキャッシュバック狙いでMacBook Airを買ってました。3人とも元々は現金派だったそうですが、キャンペーンをきっかけに登録したとのことです。でも、やっぱり、キャンペーンが終わってからは使わなくなったそうです。

【原田】「PayPay」に関しては、2018年12月に第一弾が行われた「100億円キャンペーン」で知名度がだいぶ上がったようだね。確かに僕もたくさんの若者たちから、キャッシュバックキャンペーンでアップル製品を買った、という声を聞いたなあ。でも、キャンペーンが終わると使わなくなるのなら、このキャンペーンを何度も何度もやり続けて、その度に一部の人が習慣化されるのを待つ、という体力勝負の超消耗戦になるね。

今はさまざまなキャッシュレス決済サービスが乱立しているけど、そのうちに持久戦に負け、恐らくいくつかに絞られていくことになるだろうね。あるいは、この超消耗戦にどこも耐えられなくなり全社が撤退、なんて可能性も否定できないかもね。


【千葉】私は81人にアンケートを採りましたが、QRコード決済の経験者は同じく2割くらい。私自身は今から3年くらい前、高3の時から「LINE Pay」を使っています。高校生だった私は、クレジットカードを持っていなかったので、スタンプを買うときは常に携帯代を払っている親に請求がいき、それが本当に嫌でした。

LINE Payはクレジットカードがなくても登録できるし、自分の銀行口座と直結させることができるので始めたんです。今ではコンビニや一部のスターバックス(※)、こないだの東京ドームシティで開催された「ふるさと祭り」でも使いましたね。バイトに行く時もあまり現金を持って行きたくないので、何か買う必要が出る時はQR決済を使っています。

※編集部注:一部店舗で「LINE Pay」の決済が可能

【原田】なるほど。やっぱり、大学生は2割くらいなんだね。あと君のように、かなり前からQRコード決済を使っている若者もごく一部にはいるんだね。高校生は親の承諾なしにクレジットカードを作れないから、クレジットカードの代わりとしてQRコード決済を使い始めるっていうのは、結構明確な動機になり得るかもしれないね。

アメリカでも大学生はクレジットカードの上限が500ドルと決められている人が多いので、だから銀行口座直結のデビットカードが普及したんだけど、日本の高校生もこれと似た動機でQR決済が普及していく可能性はありそうだね。今のところ、高校生を狙ったQR決済の広告プロモーション施策があまりなされていないように見えるけどね。

■大学生でも、まだ「LINE Pay」を知らない

【牧之段】僕の周囲だと、大学生の使用経験者は20人に1人という感じです。

【原田】そうか、早稲田大学は5%か。大学によってもばらつきはありそうだね。

【牧之段】QR決済の知名度は、僕自身4つのQRコード決済のサービス名は聞いたことはありましたが、「ORIGAMI」だけは知りませんでした。周囲の友人たちも「ORIGAMI」はほとんど知りませんね。

【原田】しかし、社長さんの熱愛報道があったけど(笑)、「ORIGAMI」はあまり知られていないし、使われていないようだね。

【浅見】私は「LINE Pay」だけ知りませんでした。

【原田】えっ! 毎日LINEとにらめっこしている大学生でも、まだ「LINE Pay」を知らない人がいるんだね。

【浅見】「ORIGAMI」はロフトの店員さんから、「登録したら10%OFFのクーポンがもらえてお得ですよ」と聞いたので、知っていました。


■QRコード決済を使ったことがあるのは1人だけ

【原田】自分がよく行くお店から知らされる、というパターンも多そうだね。逆に言えば、若者と接点の多いお店で使えるQRコード決済が、未来の決済サービスのデフォルトになっていくかもしれないね。

【里村】バイト先や遊び友達13人に聞いてみましたけど、QRコード決済を使ったことがあるのは1人だけでした。私自身はPASMOを必要な時にチャージして使うだけで、他のキャッシュレス決済は一切やってません。クレジットカードすら持ってないんです。浪費家なので、親に作るのを止められていて。

【原田】あくまで正確な定量調査ではないけど、同じ東京の大学生の間でも5%~20%とばらつきがあるんだね。交通系のカードは全員使うけど、大学生ですらクレジットカードをもっていない人もいるし、ましてQRコード決済となるとさらにハードルが高いんだね。

【小川】「PayPay」は年末に大々的なCMを打っていたので、私もそこで知りました。高校生の赤峰さんの言ってた「PayPay」の500円のキャッシュバック目当ては私の周りでも多く、コンビニでおにぎりと飲み物とスイーツを買っておしまい、って感じです。高校生や大学生でそういう人は多かったんじゃないでしょうか。

【原田】QR決済化が進むとしたら、まずは変化の早い若者から、という仮説を持っている人は多いと思うけど、現状ではまだそうはなっていない可能性があるね。まあ、サービス側が若者を狙っていないというのも大きいんだろうけど。

少なくともキャッシュバックキャンペーンは一時的には若者に効くけど、終わるとともに使用されなくなるケースが現状で多いのは確かなんだね。

あわせて読みたい

「電子マネー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「安保破棄してくれ」

    小林よしのり

  2. 2

    奨学金延滞の若者が次々と裁判に

    BLOGOS編集部

  3. 3

    日本の本気を選挙対策とみる韓国

    tenten99

  4. 4

    田原氏「麻生大臣とんでもない」

    田原総一朗

  5. 5

    彼女の生理日を知りたい男性9割

    工藤まおり

  6. 6

    海外まできて日本叩く迷惑な人々

    文春オンライン

  7. 7

    堀江氏の保育士めぐる発言に反論

    田中俊英

  8. 8

    点滴を巡る朝日記事に医師が憤り

    高山義浩

  9. 9

    LIXIL総会で株主側が異例の勝利

    川北英隆

  10. 10

    すぐバレる嘘で窮地に陥る文政権

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。