記事

頭痛の話 7 片頭痛の薬の頻度

片頭痛の薬の内服頻度については、現在日本ではおおむね、月10回を限度としています。

これは、月10回以上、片頭痛に対する専用の鎮痛剤を使用すると、その薬が効かなくなってしまうことなどが理由です。

そのため、日本の病院やクリニックでは、これらの薬を1月に10回分以上処方できません。

この辺、多少地方によってルールの甘さが異なり、14回までのところなども今もあるようですが、多くの都道府県では10回となってきているようです。

それ以上処方したとすると、10回分以上の処方分に関しては病院やクリニックの持ち出しとなります。

よって、10回分しか処方できないのですね。

月に10錠というのが片頭痛の鎮痛薬のルールなのです。

では、月に10回以上片頭痛の鎮痛薬を必要とする人はどうするか?

というと、なんとか頭痛の頻度を減らすほかありません。

そこで片頭痛の頻度を軽減する別のタイプの薬を服用して、なんとか月の片頭痛回数を減らすようにするのです。

この目的で用いられる薬は、保険が適応となっているのは、ミグシスという名前のカルシウムブロッカーです。

ただ、この薬あんまり効きません。頻度が下がったという人は少ないです。

毎日飲まなければいけないのですが、僕の感覚では7割くらいの片頭痛患者さんに、「これ、あんまり効かないんでやめます」と言われます。

むしろこのミグシスよりも、抗てんかん薬の類であるデパケンや、抗うつ薬や不安薬の類の方が片頭痛頻度軽減に役立ったりします。

神経系の興奮と片頭痛は何かしら関連があるんでしょうね。

さて、これで片頭痛関連の記事は終了します。

最近、書きたい病気や話ががなかなか見つからない状態が続いております。

そこで、実際に僕が出会った印象的ケースを参考に、脳の病気では現実にこういうことが起きる、ということをこれからは書いていきたいと思います。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アダルト分野で素顔を晒す是非

    工藤まおり

  2. 2

    吉本芸人は謝罪文をこう書くべき

    永江一石

  3. 3

    よしのり氏「小室家は被害者」

    小林よしのり

  4. 4

    彼女の生理日を知りたい男性9割

    工藤まおり

  5. 5

    徴用工問題避けたい文政権の本音

    文春オンライン

  6. 6

    闇営業横行を断罪できぬ芸人たち

    たかまつなな

  7. 7

    銀行員のジーパン勤務OKに大賛成

    川北英隆

  8. 8

    宗男氏 枝野氏の趣旨弁明に苦言

    鈴木宗男

  9. 9

    殺人恐れひきこもり 男性の復活

    不登校新聞

  10. 10

    今治タオル企業がネットの噂否定

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。