記事

ミドル層の半数「働く理由を見失ったことがある」-「孤立状態で連日深夜作業」「代表が変わり男女不平等になった」

ミドル層の半数「働く理由を見失ったことがある」
ミドル層の半数「働く理由を見失ったことがある」

エン・ジャパンは5月21日、ミドル層の働く理由に関するアンケート結果を発表した。調査は今年4月に実施し、同社運営の「ミドルの転職」を利用する35歳以上のユーザー1953人から回答を得た。

働く理由1位は「収入を得るため」(95%)。2位以降、「自分の能力・人間性を高めるため」(51%)、「仕事を通じて社会に貢献するため」(47%)、「社会的に自立するため」(33%)、「人間関係を豊かにするため」(30%)、「顧客に喜んでもらうため」(21%)と続く。

働く理由を見失ったきっかけ「職場の人間関係」「職場風土の変化」「経営方針の変化」

年収別にみると、1000万円以上は「自分の能力・人間性を高めるため」(63%)、「仕事を通じて社会に貢献するため」(57%)が1000万円未満よりもそれぞれ10ポイント程度高くなっている。

これまでに、「働く理由ができた・見つかったことがある」と回答した人は75%。年収1000万円以上の人は81%にのぼった。きっかけとして「プライベートの変化(結婚・出産・離婚など)」(39%)、「担うミッションや役割の変化」(37%)、「給与アップ」(33%)が多く挙がった。

一方、「これまでに、働く理由を見失ったことはある」という人は51%で、年収1000万円未満(52%)が年収1000万円以上(41%)を大きく上回った。きっかけは、「職場の人間関係の変化」(55%)が最も多く、次いで「職場の風土の変化」(41%)、「経営方針の変化」(41%)と続く。

「同僚が出世し、相対的に自分の評価が下がった。提示条件より年収が下がった」

働く理由を見失ったエピソードとして、「代表が女性から男性に変わった時、男女平等だった今までの風土から、能力関係無く、全て男性が上になる風土となり、一気に頑張る気力が無くなった」(43歳女性/年収1000万円未満)という声や、

「同時期に入社した人が出世し、相対的に自分の評価が下がったことがありました。入社時に約束された条件よりも年収が下がったため、モチベーション低下にもつながりました」(37歳女性/年収1000万円未満)
「希望していた職種の部署異動が実現したが、業務負荷が高すぎてキャパオーバーの状態。新参者を手厚くサポートする風土の無いチームだったため、孤立状態での連日の深夜残業で鬱々とした状態になった」(38歳男性/年収1000万円以上)

などの嘆きが寄せられた。

ベーシックインカムなどで最低限の所得が保障された場合でも「働き続ける」と回答した人は90%にのぼる。理由には、「さらに多くの収入を得るため」(68%)、「自分の能力・人間性を高めるため」(50%)、「仕事を通じて社会に貢献するため」(46%)が多くあがった。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリの余計な演出に興ざめ

    メディアゴン

  2. 2

    ザギトワを追い込んだロシアの闇

    WEDGE Infinity

  3. 3

    無印敗訴 偽物が勝つ中国に懸念

    岩田温

  4. 4

    秋山パロ動画に抗議「侮辱行為」

    水島宏明

  5. 5

    街宣右翼に山本太郎氏「おいで」

    田中龍作

  6. 6

    よしのり氏 枝野氏は認識が甘い

    小林よしのり

  7. 7

    日本へ歩み寄る韓国 背景に民意

    NEWSポストセブン

  8. 8

    日本の情緒的な石炭維持論は問題

    鈴木馨祐

  9. 9

    よしのり氏「化石賞」報道に苦言

    小林よしのり

  10. 10

    LINEに不正アクセス多発 対策は

    田野幸伸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。