記事

インパール作戦を多角的に語り継ぐ!

インド独立への影響含め現地目線で
激戦の地に6月、平和資料館オープン


旧日本軍が75年前、インド北東部で展開し「史上、最悪の作戦」の代名詞ともなってきたインパール作戦。日本軍が目指したインド・マニプール州の州都インパール市を中心に、戦いの歴史を後世に伝える動きが広がり、日本財団の支援で「平和資料館」も完成、6月22日に開所式が行われることになった。

補給を軽視した戦いが「戦史上、例のない無謀な作戦」であった事実は今後も動かないが、インド独立などに微妙な影響を与えたのも事実。飢餓と病で非業の死を遂げた多くの兵士のためにも、インパール作戦とは何だったのか、新たな側面を含め、現地目線で多角的に後世に伝えられるよう望みたい。

「レッドヒル」の麓に完成した平和資料館

インパール作戦は1944年3月、日本がビルマ(現ミャンマー)の防衛と中国・蒋介石政権に対する連合国軍の補給路「援蒋ルート」を断つ目的で開始した。英国からの独立を目指すインド国民軍(INA)約6千人も加わり日本軍は約9万人、対する連合国軍は英軍に豪軍、英国傘下のインド志願兵も含め約15万人。太平洋戦争で最も激しかった戦争の一つとされている。

資料によると、第31師団が北方からマニプール州の隣ナガランド州の州都コヒマ、第15師団と33師団が東方と南方から駐留英軍の拠点だったインパールを目指した。コヒマには到達したものの、食料や武器・弾薬の補給が確保できないままインパールを目前に7月3日、大本営が作戦中止を決定。航空機や火器など圧倒的な装備を誇る連合国軍の追撃の中、雨季を迎えた山岳地を退却し、最終的に3万人が戦死、4万人が戦病死したとされる。

資料館は、インパール市の南西約20キロの「レッドヒル」と呼ばれる小高い丘の麓に建設された。すぐ近くに1994年、旧厚生省(現厚生労働省)が建立したインド平和記念碑がある。44年5月末に子の丘で激しい攻防が行われ、双方合わせ約550人が戦死した。レッドヒルの名は、赤土が多い丘の地質に由来するが、地元関係者は「多数の兵士の血で丘が血で赤く染まり、この名が付いた」とも語る。

10年ほど前から地元の若者ら有志が塹壕の発掘など戦跡を調査、兵士の遺品や資料を集めて私設の資料館を開設し、5年前には駐印日本大使らも出席して70周年記念式典が開催された。こうした機運を受け地元の観光協会を中心に資料館建設計画が進み、日本財団が5000万円を支援、展示スペースや中央ホールなどを備えた8角形の平屋建て資料館が完成した。開所式には地元や日英の関係者、遺族会関係者も出席し記念植樹も行われる。

開館を前に4月上旬、現地を訪れると、「日本兵は食料も弾薬も不足する中、実に勇敢に戦った」、「規律正しく礼儀正しかった」、「強かった」など好意的な声が多く聞かれた。大半が戦いを目撃した高齢者からの言い伝えで、戦後75年を経て当時を知る住民が急速に減ってきたことから、資料館を建設し証言や資料を残すことになった。

戦いの舞台となったインド北東部は、ミャンマーや中国、バングラデシュと国境を接し、インド全体から見ると民族も歴史もやや異なる。マニプール州など計8州には400を超す少数民族を中心に約5千万人が住み、かつて、この地に栄えたマニプール王国はミャンマーにまたがる広大な地域を支配した。しかし英国がインドを植民地とした1880年以降、インドに統合され、1947年のインド独立後、一時的に自治権を回復したが2年後、インドに併合され、その後、独立や自治権の拡大を求める戦いが続いた。

インパール作戦は地元で「Japan War(日本の戦争)」と呼ばれる。インド全体と同様、「英国からの独立の引き金となった」と評価する声が強いものの、複雑な歴史もあって、全体とはやや異なる雰囲気も残しているようだ。直接の戦場となったことで戦いが残した傷跡も大きい。作戦開始1年前には住民8人が死亡する日本軍の爆撃もあった。

資料館計画を進めるマニプール観光協会のハオバム・ジョイレンバ事務局長にこうした点を質すと「戦争である以上、それは仕方がなかったし、戦争を境にこの地も大きく変わり始めた」とした上で、「当時を知る人の証言や資料を少しでも多く集めたい。今、それをしないと民族の歴史を後世に正しく伝える機会を失う」と語った。

戦後75年を経て、残された証言や資料は少なく、特に日本側の資料が不足しているという。戦いを目撃し日本兵と接した体験を持つ住民も急速に減っている。作戦に参加した日本兵、さらにその遺族関係者も既に老境にある。インパール作戦の全体像を後世に多角的に伝えるためにも、少しでも多くの資料が提供されるよう望みたい。

あわせて読みたい

「太平洋戦争」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    彼女の生理日を知りたい男性9割

    工藤まおり

  2. 2

    よしのり氏「安保破棄してくれ」

    小林よしのり

  3. 3

    すぐバレる嘘で窮地に陥る文政権

    高英起

  4. 4

    徴用工問題避けたい文政権の本音

    文春オンライン

  5. 5

    堀江氏の保育士めぐる発言に反論

    田中俊英

  6. 6

    安倍内閣の数え切れぬ不信任理由

    大串博志

  7. 7

    度を超す学歴重視が生む教育虐待

    おおたとしまさ

  8. 8

    銀行員のジーパン勤務OKに大賛成

    川北英隆

  9. 9

    自民党に鞍替えする政治家に嘆き

    早川忠孝

  10. 10

    闇営業ギャラにブラマヨ吉田持論

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。