記事

【キムタクが如く】ピエール瀧出演「JUDGE EYES:死神の遺言 新価格版」キャラクター・音声差替えで7月発売決定

新価格版(画像はツイッターをキャプチャ)
新価格版(画像はツイッターをキャプチャ)

セガゲームスは5月21日、麻薬取締法違反の罪で起訴されたピエール瀧被告が出演しているプレイステーション4向けゲーム「JUDGE EYES:死神の遺言」の新価格版を7月18日に発売すると発表した。

瀧被告は同作に羽村京平役として出演していたが、セガは瀧被告の逮捕を受け、今年3月から出荷・ダウンロード販売を自粛していた。新価格版では6月発売予定の欧米版同様、瀧被告のキャラクターモデル・音声を差し替える。値段は税別4540円。

旧バージョンはメルカリで高額転売相次ぐ

同作は2018年12月に発売された人気ゲーム。登場人物は全員CG化され、主人公の木村拓哉さんや瀧被告、中尾彬さん、谷原章介さん、滝藤賢一さんらにそっくりのキャラクターが登場することで話題になった。木村さんが主人公であることから、一部ファンの中で「キムタクが如く」とも呼ばれている。

ツイッターでは「前のバージョンで遊びたい」「ピエール瀧のままでいいのに」といった声も上がっている。瀧被告が出演しているバージョンでプレイしたいという人もいるようだ。

現在、販売自粛となっている「JUDGE EYES:死神の遺言」初版の定価はパッケージ版、ダウンロード版ともに8290円。しかしメルカリで「JUDGE EYES」と検索すると、最高1万5000円で出品されている。

中には、説明文に「セガゲームスは当該ゲームの販売をダウンロード含め一時的に停止しました」と、現在販売されていないことを明記してあるものもあった。瀧被告目当てで購入を求める人もいることを考えると、旧バージョンの高額転売は続きそうだ。

画像は公式サイトをキャプチャ
画像は公式サイトをキャプチャ

あわせて読みたい

「ピエール瀧」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話通じぬ韓国に「もう駄目かも」

    やまもといちろう

  2. 2

    米朝首脳から無視され始めた韓国

    早川忠孝

  3. 3

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    「嘘の天国」韓国本が自国を批判

    高英起

  5. 5

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  6. 6

    韓国が教科書から漢江の奇跡削除

    SmartFLASH

  7. 7

    小室圭さん 2千万円の追加借金か

    女性自身

  8. 8

    日米交渉進捗 最悪のシナリオか

    大串博志

  9. 9

    打倒自民だけの野党に国民は失望

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。