記事

「令和の政治家は国のために死ねるのか」自民党重鎮・深谷隆司氏が振り返る平成

1/3

BLOGOSでは「レジェンドたちが振り返る平成」と題し、政治ジャーナリストの角谷浩一氏をホストに、日本を支えてきた政治家たちに平成という時代を総括してもらい、令和の日本はどうあるべきなのかを考える対談企画をお送りしている。第2回は通産大臣や自治大臣などを歴任した自民党の重鎮、深谷隆司氏に話を聞いた。【編集:田野幸伸】

対談ダイジェスト動画



角谷:レジェンド達が振り返る平成。今回は自民党東京都連最高顧問の深谷隆司さんに伺います。よろしくお願いします。

深谷:どうぞよろしくお願いします。

角谷:深谷さんと同期当選は小泉純一郎さん、同じ派閥だと山崎拓さん、野田毅さん、石原慎太郎さんもそうですね。加藤紘一さんや、亡くなってしまいましたけど保岡興治さんも。

深谷:それぞれが名前もかなり通っていたし、やる仕事も評価された。政治全体を動かす当時の若手の原動力でしたね。

角谷:その時の総理大臣や幹事長がちょっと勝手なことをやったり、筋が通らないようなことを発言しようものなら、野党以上に厳しいというのが自民党らしさだったのかもしれません。

深谷:若手が一番発言できるところだったのが派閥の政策集団。そういう意味では政策集団があったというのは非常に良かったですね。先輩が指導する場所もそこだったんです。そういった人達と一緒に切磋琢磨しながら政治家らしくなっていく場でした。

角谷:今は自民党・東京都連の最高顧問として、東京都の議員達の相談に乗っている立場ということですよね。

深谷:今回の地方統一選挙も朝から晩まで駆け回っていましたよ。事務所開きの出陣式が一日で16件もありましたね。この83歳の老人が本当によく使われますけど(笑)そういう場所で頑張っていられるから若さを保てるのかなという気がします。

ハルピンで迎えた終戦「本当によく生き延びた」


角谷:昭和から平成、平成から令和と3つの時代を駆け抜けられたわけですが、ことに深谷さんは浅草に生まれて、その後中国のハルピンに渡られました。

深谷:6歳の頃には満州のハルピンにいました。私が9歳の時に終戦。その時は日ソ不可侵条約を一方的に破られてソ連兵が一気に入ってきました。そして略奪の限り。女性は辱めを受け、男達はシベリアに。65万人ぐらい連れて行かれましたからね。本当によくあの時を生き延びたなという感じです。

母は顔を真っ黒に塗って髪を切り、父は屋根裏に息を潜めていました。いまでは想像もできない地獄でしたね。1年後に帰国が決まりましたが、その引き上げも野を越え、山を超え2ヶ月間ぐらいかけて葫芦島というところまで着いて。そこから2週間ぐらいかけて佐世保に帰って来たんです。

大人達が感激して地面にほっぺたをつけて泣くんですよ。その時は自分も一緒に泣いたんですけど、「日本があってよかったなあ、日本人でよかったな」という思いを強くしたことは今でも鮮明に覚えていますね。

角谷:その記憶がある人達がそのあと政治家になる志を立てた。敗戦から日本を建て直して、もう1回復活させようという志。国民もそれを期待していた時代だった。

昭和は戦争までと戦後と2つの昭和があったと思うんですね。戦後の昭和を正に政治でリードしていたのが深谷さん達の世代の人達。戦争も知ってるし、2度と戦争をしてはいけないということが体に染み付いている人達が政治をやってきた。

私ももちろん戦後生まれですが、戦後の高度成長の中で生まれたところしか見ていない政治家との違いというものがあると思うんですよね。

深谷:政治家に限らず、今の若い人に聞くと「日本負けたの?」って聞かれますからね。このあたり(台東区・浅草)は全部焼け野原だったんですから。一晩の空襲で10万人ぐらい死んだんですよ。私が満州から引き揚げて中学校に通っていた頃は高い建物がまだなくて、浅草から富士山が見えたものです。

浅草国際劇場 1955年撮影:Getty Images

もうその時代のことを知っていらっしゃる方はほとんどいない。年を取りましたけど、語り部として若い人に色々なことを話していきたいなと。

昭和天皇の崩御で始まった平成

Getty Images

角谷:閣僚として活躍されていた深谷さんにとって、昭和の終わりと平成の終わりの違いはどのあたりにありますか。

深谷:1989年、昭和天皇がお亡くなりになった年ですが、その前の年に中曽根康弘先生とヨーロッパを視察していたんです。その時、ロンドンで天皇陛下が喀血されたという連絡が入り、急いで日本に帰ってきたんですね。昭和天皇というのは、激動の時代を頑張って来られた陛下というイメージなんですよ。

大喪の礼というのがありました。陛下がお亡くなりになってから37日間、我々のお葬式でいうお通夜が続くんです。24時間体制で37日間、昭和天皇の棺の隣に座って2時間ぐらいずつ交代でずっとご冥福をお祈りする「殯宮祗候(ひんきゅうしこう)」という行事がありました。

誰が座るのかというと、大臣、国会議員、宮内庁や総務省の局長以上の役人。それから都道府県の首長、各省庁の関係団体の代表。延べで9400人という大変な人数です。私の時は森喜朗(元首相)さんと2人で真っ暗な中に座っていました。

その時は走馬灯のように昭和の激動の時代を振り返っておりました。私の人生で得難い体験でしたね。

角谷:それは部屋の中に棺があって陛下がいらっしゃるのですか。

深谷:全く隣ですよ。手の届くところに座っています。

角谷:それは森喜朗さんと向かい合うんですか?並ぶんですか?

深谷:横に並んで。前を向いてじっとしている。森さんは大学の雄弁会の貴重な仲間でしたし、それも非常に印象的でした。

そして、政教分離が日本の国是であり、こういった行事は皇室行事なんですね。ですから役人や官僚の人達は休暇を取って自主参加という形を取るんです。公用車では来ない。

角谷:平成は災害も多く、陛下が現地へ真っ先に赴くということが何度もありました。戦後、陛下の役割が「象徴」という言葉に変わった。現行憲法の天皇陛下の象徴という部分は、深谷さんから見てどのようなものでしたか?

深谷:日本の天皇制度というのは126代になるわけですけど、戦前までは「権威」だったんですね。国のトップは権力者でしょ。ところが天皇制というのは権威であって権力者ではないんですね。だから逆にいうと天皇陛下という存在は神格化されて常に国民と国家の安寧を祈り続ける斎主のような存在なんです。

逆にいえば権力の立場に立った、例えば軍部が天皇陛下の想いを阻害して戦争に走っていったような弊害もありましたが。いずれにしても世界の国々と比べても権威が権力と並ぶ存在というのはあり得ないですね。そういう意味でいけば、戦後は象徴におなりになっても、私はむしろ権威という言葉の方が分かりやすいかなという感じがします。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    又吉直樹の新作に直木賞作家驚き

    BLOGOS編集部

  3. 3

    「親日本」が韓国に与えた納得感

    WEDGE Infinity

  4. 4

    なぜ匿名? 二宮結婚報道の異常さ

    山下雄平

  5. 5

    日本と同じく滅びゆくアジアの国

    永江一石

  6. 6

    赤字のソフバンに厳しい海外報道

    飯田香織

  7. 7

    桜を見る会中止は利益相反の問題

    岩田健太郎

  8. 8

    桜を見る会 退陣論出ない不思議

    田中龍作

  9. 9

    桜を見る会は総選挙に影響するか

    やまもといちろう

  10. 10

    パレード翌日休む新聞の古い体質

    笹川陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。