記事

【読書感想】ロジスティクス4.0 物流の創造的革新

1/2
ロジスティクス4.0 物流の創造的革新 (日経文庫)

ロジスティクス4.0 物流の創造的革新 (日経文庫)

Kindle版もあります。

ロジスティクス4.0

ロジスティクス4.0

内容紹介
■ヤマト運輸での労働問題発覚以降、「物流危機」はホットトピックになっている。実際、トラックドライバーの高齢化や倉庫作業員の不足は顕著であり、「経済の血脈」である物流がいつ止まってもおかしくない状況にある。
一方で、宅配ロボットやドローンといった先進技術の活用も徐々に広がりつつある。Amazonのように、倉庫作業のロボティクス化やAIによる需要予測といった先駆的な取り組みを進めることで、競争力の更なる向上を実現している企業も存在する。

■これら、足元での労働環境の悪化やAmazonをはじめとする先進プレイヤーの動向といったミクロな事実を紹介する書籍や記事は増えてきたが、「物流の未来」がどのようなものであるかや、経営・経済においてどのような役割を果たすようになるのかまでを見通したものはない。
本書は、ロジスティクスの最先端動向に精通し、コンサルティング、セミナーなどで活躍する著者が、技術革新の先にある物流ビジネスの「破壊と創造」を解説するものである。省人化・標準化が進むことで、サプライチェーン全体の最適化に向けたオープンプラットフォームが生まれつつあること、コト売りへの転換を果たそうとするメーカーがシェアリングビジネスに進出していることなど、技術・インフラ・サービスの進化の方向性を明らかにしている。物流会社だけではなく、荷主やメーカーにとってのビジネスチャンスも見つけられる内容である。

■「ロジスティクス4.0」は、著者が講演やコンサルティングなどで使ってきた用語だが、その用語や考え方がそのまま「国土交通白書」や「ものづくり白書」で用いられるなど、一般用語化している。


 宅配業者や長距離トラックの運転手など、「物流」に関する仕事での人手不足は、多くの人に知られるようになりました。
 「送ったものが、確実に届く」というのが日本の物流だったのですが、ネット通販の荷物の増加や、不在時の再配達の負担、きつい仕事のわりに報酬がすごく高いわけでもない、という労働条件から、危機が叫ばれるようになっているのです。
 その一方で、AI(人工知能)や作業用ロボットを用いての効率化やドローンの試用など、テクノロジーも進化してきており、ただ人を増やせばいいのか(近い将来、人はそんなに要らなくなるのではないか)とも思われます。


 著者は「ロジスティクス4.0」をこんなふうに説明しています。

 本書にて紹介する「ロジスティクス4.0」とは、物流の世界において現下進みつつある新たなイノベーションです。IoT、AI、ロボティクスといった次世代テクノロジーの進化と、活用の拡大は、ロジスティクスの根幹を変えようとしています。「省人化」と「標準化」による「物流の装置産業化」が起きつつあるのです。
「ロジスティクス4.0」の本質は「脱労働集約」にあります。人的リソースに依存しないビジネスモデルに変わろうとしているのです。その非連続な変化の先にある未来をいち早く創造できれば、次なるGAFAとなることも可能でしょう。GAFAを構成する、グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェイスブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社は、ITの進化を見据えたビジネスモデルを先んじて構築し、現在の支配的地位を得ることに成功しました。ロジスティクスの世界でも、かつてのITの進化に匹敵する変化が生じようとしているのです。

 自動運転トラックの実証実験は世界各地で実施されています。ロボットやドローンを目にする機会も増えました。荷主と物流リソースをマッチングするビジネスも大きく成長しようとしています。「脱労働集約」の実現は、遠い未来の出来事ではないのです。


 これはこれで、「人が要らない社会が近づいてくるのではないか」というのと、ロジスティクスに関しても、AmazonやGoogleはいちはやく注目してさまざまな実験をしているので、彼らに追い付き、追い越すのは大変だろうな、とも思うのですが。

 逆に、GAFA自体は君臨しつづけても、業務の内容が全く違ったものになる、という可能性もあります。
 現在のAmazonで大きな収益をあげているのが、ネット通販ではなく、AWS(Amazon Web Services)となっているように。


 ちなみに、ロジスティクス1.0は「輸送の機械化」、2.0は荷役の自動化、3.0は「管理・処理のシステム化」と定義されています。
 ロジスティクスは、どんどん人の手がいらなくなり、効率化されているのです。

 ロジスティクス4.0による省人化によって、最も大きな変革がもたらされる物流プロセスはトラック輸送です。国内の貨物輸送に占めるトラックの分担率はトンベースで90%超、トン数に輸送距離を乗じてその仕事量を表したトンキロベースでも50%を超えます。そして、人件費が高い日本では、トラック輸送に要する運送費0%近くをドライバーの人件費が占めます。つまり、自動運転の実現は、物流のコスト構造に多大なインパクトをもたらすわけです。
 世界最大のトラックメーカーであるダイムラー(Daimler)は、2025年までの実用化を目標に、自動運転トラックの開発に取り組んでいます。2015年に公開された自動運転トラック”フレイトライナー・インスピレーション(Freightliner Inspiration)”は、交通量の多い高速道路を時速80キロで自動走行できます。既に欧州と米国の公道で試験走行を開始しており、その模様はメディアにも公開されています。
 自動運転トラックの実用化に向けた取り組みは、ダイムラーだけではなく、ボルボ(Volvo)やスカニア(Scania)、日系の日野自動車やいすゞ自動車も力を入れています。現在では、商用車メーカーのみならず、テスラ(Tesla)やウェイモ(Waymo)といったテック系のメーカーも自動運転トラックの試験走行を開始するに至りました。

あわせて読みたい

「物流業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  3. 3

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  4. 4

    又吉直樹の新作に直木賞作家驚き

    BLOGOS編集部

  5. 5

    赤字のソフバンに厳しい海外報道

    飯田香織

  6. 6

    衆院解散で追及をかわす安倍首相

    早川忠孝

  7. 7

    麻生大臣がMMT導入を明確に否定

    青山まさゆき

  8. 8

    桜を見る会中止は利益相反の問題

    岩田健太郎

  9. 9

    マラソン開催 都の声に札幌怒り

    文春オンライン

  10. 10

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。