記事

高校生に人気の部活1位「軽音楽部」、2位「ダンス部」 一方で2人に1人は帰宅部という結果に

約半数の高校生が帰宅部ということに

全国47都道府県の女子高生・男子高生ネットワーク「高校生ラボ★47」は5月17日、日本全国の現役高校生597人を対象に調査した「現代高校生の部活動事情」を発表した。

現役の高校生で部活動に所属しているのは、49%だった。約半数の高校生が帰宅部ということになるが、部活をしない理由としては、放課後の時間をアルバイトや友達と遊ぶ時間に充てたいという意見が多かった。

大会で好成績を残すためにガッツリ部活は少数派に

プライベートの時間を大切にしたいという傾向は、部活動に所属している人にもみられる。部活動に所属している人に活動頻度を聞いたところ、7割が週2~3日だった。やはり部活以外の時間は、アルバイトや友達との時間に使い、部活とプライベートを両立している人が多いようだ。一方で、大会で好成績を残すためなどで週5~6日で部活をしている人は三割程度であった。

部活動のあり方が変わってきている中で、どんな部活が人気なのか。現在入っている部活で最も多かったのが「軽音楽部」であった。人気の理由としては、昨今のバンドブームや、バンドを題材とした人気アニメの影響などが挙げられる。また、高校生はライブハウスの出演が禁止されていることもあるが、最近はYouTubeなどで自らの演奏を発信できるのも音楽活動を後押しする要因になっていそうだ。

2位は「ダンス部」。2012年に中学校のダンスが必修化されたこともあり、現在の高校生にとってダンスは以前よりも身近になっている。"登美丘高校ダンス部"のテレビ出演が話題になったことも記憶に新しい。3位以降は「演劇部」、「吹奏楽部」、「バレーボール部」となっている。

あわせて読みたい

「部活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  2. 2

    コロナ利得者と化したマスコミ

    自由人

  3. 3

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  4. 4

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  6. 6

    宗男氏「玉木代表は保守政治家」

    鈴木宗男

  7. 7

    コロナの恐怖煽り視聴率を稼ぐTV

    PRESIDENT Online

  8. 8

    トランプ氏「ハリス議員は性悪」

    WEDGE Infinity

  9. 9

    玉木代表は合流賛成派に耳貸すな

    早川忠孝

  10. 10

    周庭氏過去に「日本留学したい」

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。