記事

雅子さま、療養生活の決定打は当時の宮内庁長官の言葉か

雅子さまの御髪に蝶がとまり、皇太子さまも満面の笑みがこぼれた(1998年8月、石川県ふれあい昆虫館で)

 1993年ご成婚され、2001年に愛子さまをご出産なさった新皇后雅子さま(55才)。そんな雅子さまが、2003年からご療養に入られた原因とはなんだったのか? 雅子さまは「適応障害」と宮内庁から発表された。

【写真】雅子さま、ご成婚パレードでの美しきお姿

 決定打となったのは雅子さまが退院した後、当時の湯浅利夫宮内庁長官が発した言葉だった。

《皇室の将来を考えると、秋篠宮さまに3人目を希望したい》

 精神科医の片田珠美さんは、この発言が雅子さまを極限まで追い詰めたと指摘する。

「完璧主義で努力家の雅子さまは、それまで自らの努力で成功体験を積み重ねてこられました。それなのに出産後、愛子さまが男児でなかったことで第2子出産の期待が高まり、さらに湯浅長官の発言によって“自分は見捨てられた”との絶望感やストレスに見舞われたはずです」

 そもそも雅子さまは「適応障害」でなかった可能性が高いと片田さんが続ける。

「適応障害とは環境に適応できず情動面や行動面で問題が出現する病気ですが、ストレス因子がなくなれば6か月以内に治るとされます。雅子さまの病状は長すぎるので、適応障害とするのは適当ではありません。

 私は出産によるホルモンバランスの急激な変化に育児不安が重なった『産後うつ』に湯浅長官の不適切発言などのストレスや愛子さまの学校問題などが重なり、うつが長期化したとみています。うつと診断すると本人の性格に原因があるとされかねないため、環境を原因とする適応障害と発表したのではないでしょうか」

 そもそも一度目のご懐妊報道(1999年12月10日の朝日新聞朝刊)は、宮内庁内部の雅子さまに近い者からのリークだといわれている。というのも、非常にデリケートな基礎体温や尿検査といった情報までもが事細かく報じられたからだ。なお、雅子さまはこの報道後は流産された。

 また、愛子さまの公園デビューの時(2003年5月)も、お忍びのつもりが、ふたを開けてみれば一部の報道機関や一般人までもが大挙する大騒ぎに。警備面から強く反対していた宮内庁は、お忍びは難しいという状況をあえてつくり出すため、情報を漏らしたといわれている。

 こうした度重なる出来事に、両陛下は宮内庁に対する不信感を強め、雅子さまはますます孤立を強いられたのだった。

◆そして、ご快復へ

 その後の病状は一進一退だった。2008年4月、愛子さまが学習院初等科に入学されると、雅子さまの笑顔がよく見られるようになった。2009年1月には美智子さまの名代として宮中祭祀に出席され、その後の快復が期待された。

 だが20100年3月、やんちゃな男児が愛子さまや他の児童に乱暴な振る舞いをした「いじめ問題」が発覚すると、雅子さまは1年9か月続く「同伴登校」を開始される。

 2014年4月に学習院女子中等科に進学された愛子さまが遅刻と欠席を繰り返すと、雅子さまの体調が悪化して公務復帰が滞るようになった。

「雅子さまと愛子さまは『母子一体感』が非常に強く、自立と依存の葛藤のなかでさまざまな不具合が生じます。超エリートで完璧主義の雅子さまとしては、育児も100点満点でないといけないと思い込み、愛子さまが不安定になればなるほどご自身を責めたり、追い込んだりしてしまったのかもしれません」(片田さん)

 雅子さまは2003年12月以来、15年の長きにわたって療養が続く。この間、かつてのユーモアやお気遣いは影を潜めたが、それでも精一杯、自分らしくあろうとされたことを本誌・女性セブンは目撃している。

「2013年4月のオランダご訪問の初日にスキポール空港に到着された際、お出迎えの方々にご挨拶された後、雅子さまはすぐお車に乗り込もうとされた皇太子さま(当時)を呼び止められ、報道陣に向かってお手振りをしてくださいました。一般奉迎がいない状況では大変珍しい出来事です。ご体調がすぐれないなかの海外訪問で雅子さまもおつらいでしょうに、報道陣への細やかなお気遣いに驚きました。

 それに半蔵門ご通過取材の際、他の皇族のみなさまとは違い、雅子さまは必ずといっていいほど車の窓を開けてくださいます。2009年8月の那須御用邸では、ご乗車されてからペットの犬の手を振られるチャーミングな一面も見受けられました」(女性セブン皇室記者)

※女性セブン2019年5月30日号

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  2. 2

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  3. 3

    千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

    NEWSポストセブン

    04月13日 09:29

  4. 4

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  5. 5

    海洋放出も地層処分も強行するな

    畠山和也

    04月13日 08:42

  6. 6

    「いじられるのが上手い人しか生き残れない」は昔の話? ケンコバが感じた「第七世代」への“違和感”と“現実” 『お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで』より #2 - ラリー遠田

    文春オンライン

    04月13日 10:05

  7. 7

    なぜ市町村に、具体的なワクチン配布の日程を伝えられないのか

    大串博志

    04月13日 08:50

  8. 8

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

  9. 9

    カンニング竹山の小池都政批判発言ミスはテレビの「YouTube化」が招いたか

    渡邉裕二

    04月13日 11:50

  10. 10

    学者も生産者も軒並み反対 「海洋放出以外の選択肢ある」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月13日 08:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。