記事

イベント中のシュワルツェネッガー、背後からドロップキックを受けるも「押されたと思った」

2019年5月18日、南アフリカで開催されたイベント「アーノルド・クラシック・アフリカ(Arnold Classic Africa)」に出演するアーノルド・シュワルツネッガー(Photo by Lefty Shivambu/Gallo Images/Getty Images)

現地時間18日、南アフリカ・ヨハネスブルクのイベント「アーノルド・クラシック・アフリカ(Arnold Classic Africa)」中にアーノルド・シュワルツェネッガーがファンから飛び蹴りされた。

アーノルド・クラシック・アフリカがソーシャルメディアに公開した動画には、1人の男性が走り寄り、シュワルツェネッガーにドロップキックする様子が映し出された。その後、男はセキュリティに直ちに取り押さえられ、「ランボルギーニが欲しいんだ、なんとかしてくれ」と叫びながら画面から姿を消した。



シュワルツェネッガー本人はファンに向かってTwitterでコメントをアップした。

「みなさん、ご心配ありがとう。だけど心配はいらない。よくあるように、観客に押されたんだと思っていた。皆さんと同じように動画を見て初めて、実はキックされたことを知った。Snapchatの邪魔をされなかったのがせめてもの幸いだ」

アーノルド・クラシック・アフリカの主催者、ウェイン・プライス氏は声明を発表し、襲撃した男は「過去にも同様の騒ぎを起こして、警察の世話になっていた」ことを明かした。プライス氏はまた、シュワルツェネッガーは襲撃後も「元気で、上機嫌だった」と付け加え、その後も予定通りイベントを続行し、騒動も意に介していない」と述べた。

シュワルツェネッガーは主催側に、襲撃者を起訴しない意向を告げた。主催側の声明によると「人より興奮しやすい人もいるからね、と冗談も飛ばしていました」とのこと。

あわせて読みたい

「シュワルツェネッガー」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  5. 5

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

  6. 6

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    ニトリ偽サイト「ミトリ」に注意

    ABEMA TIMES

  8. 8

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  9. 9

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  10. 10

    子ども脅かす爆撃機に日本の技術

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。