記事

米国のファーウェイ排除、様子を見守るしかない=三菱電機社長


[東京 20日 ロイター] - 三菱電機<6503.T>の杉山武史社長は20日の経営戦略説明会で、米政府が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]との取引を原則禁じる制裁措置をとったことについて「様子を見守るしかない」と述べ、当面は事態を注視する姿勢を示した。

同社はファーウェイと取引があり、通信機器向け部品を納入している。杉山社長は「ファーウェイが5G(第5世代携帯電話システム)を含めた通信インフラを受注できない状況になると、当然われわれの売上は減る」と指摘。ただ、すぐに対応できることはないとして「様子を見守るしかない」と語った。「(納入している)部品はファーウェイ専用ではないので、(仮に落ち込んだとしても)別の会社にも拡販活動をしていく」という。

自らファーウェイとの取引を停止する可能性については「基本的には自由貿易だ」と述べ、政府が規制などをしない限り、取引を続ける意向を示した。

ファーウェイが米企業から部品を調達できなくなれば、調達先を三菱電機に移す可能性もある。これについて杉山社長は「サプライチェーンの中で、そういう影響が出てくるとは思っているが、現時点で判明しているわけではない」と述べ、今のところ具体的な動きは出ていないことを明らかにした。

(志田義寧)

あわせて読みたい

「三菱電機」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    杏と東出昌大おしどり夫婦が別居

    文春オンライン

  2. 2

    漫画村を追い詰めた天才ハッカー

    文春オンライン

  3. 3

    お家芸? 品格ない野党会談に呆れ

    文春オンライン

  4. 4

    タモリが絶賛するオザケンの歌詞

    メディアゴン

  5. 5

    石破氏 安倍政権は責任感足りぬ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    ドコモ以外も 隠語で客をカモに

    NEWSポストセブン

  7. 7

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  8. 8

    木下優樹菜と疑惑 乾貴士を直撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「安倍は嘘つき」桜の会で浸透か

    メディアゴン

  10. 10

    働き方変わらず 会議が奪う時間

    武田雄治

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。