記事

築地市場の次は青山霊園を移転せよ 都心の一等地を有効活用

米国ワシントンの州議会で「たい肥葬」を認める法案が可決したんだってな。たい肥葬、これすなわち、人間の遺体をたい肥になるように処理して自然の土に帰すって話だ。あとは州知事が承認すれば来年からこの「たい肥葬」が合法化されるそうだ。

俺はこれ、大いに賛成。火葬で遺体を焼いてお骨にして、骨壺に入れて墓の下に眠らせるのに比べたら、この「たい肥」化であれば死んでからも自然の役に立つんだろ。考えてみれば、人間以外の生物はみんなそうじゃないか。自然界に生態系があって、食ったり食われたりしながら命をまっとうして、死んだら腐敗して分解されて、土に帰ったり海のもくずとなったりして、分子のレベルからまた生態系に参加していくんだ。

仏教の輪廻転生を物質的にも実現

BLOGOS編集部

人間の体も元を辿ればあらゆる動植物を食らって出来ている。その体を元にあった世界に帰さず、焼いて骨壺に収めちゃうと、そこで循環が滞って自然界から外れるわけだもんな。これが土になって自然に帰るなら、生態系の循環に戻るわけだし、土の中に居る微生物や植物の為になるんだから自然の摂理に叶ってるよ。

仏教に輪廻転生の考えがあって、あれは魂の生まれ変わりって話だけど、魂だけでなく肉体の生まれ変わりを物質的にもさせるなら、骨壺よりたい肥のほうがいいんじゃないの? たい肥化が簡易に安全に出来るなら、いい選択肢だよ。

まあ、ご先祖のお骨を拝みたい人は、遺体をたい肥にする過程でお骨を頂けばいいワケでさ。「コツはテイクアウトでお願いします」なんてな(笑)。

火葬と相場はたいして変わらず

このワシントン州での法案に関わって、遺体をたい肥化する方法を手がけている専門業者があって、実際にどんなことをするかと言うと、湿度などを管理した施設で遺体を管理して、牧草やワラや木のチップなどで包んで微生物の力でたい肥に変えていくんだって。ふうん、ワラで包んで納豆作るなら2~3日ぐらいだろうけど、これはも少し時間がかかりそうだな。

で、遺体がたい肥になったあとは、それを遺族が引き取って、土に混ぜるも良し、散骨のようにゆかりの山や庭に撒くのも良しってことだ。

この業者、昨年すでに献体された遺体でたい肥化は実験済みで、情報によると費用は約5千5百ドル(約62万円)を見込んでるんだとか。ちなみにワシントン州で火葬の相場が約6千ドル(約67万円)だっていうから、どっちもたいして変わんないな。

どっちにしようか迷ってる人にはハーフ&ハーフで、半分火葬で半分たい肥化ってのは、やっぱりまずいか?(苦笑)。

それにしてもアメリカは色んなこと考えるよ。考えて実行するのがエライよ。あのさ、この「たい肥葬」が普及するようになったら、ハリウッドのゾンビ映画も変わるかもよ。土からゾンビが出てくるんだけど、たい肥からゾンビになってるから体じゅうに野菜や草花が生えてるの。季節ごとに姿も変わって、ゾンビの体を見て「秋ナスが豊作だな」なんて季節を感じたりしてな、アハハハ。

日本でも増える骨壷以外の方法 「墓じまい」も

写真AC

最近は、亡くなった方の遺灰を骨壺に収める以外にどうするかっていう選択肢が、日本でも広がり始めてるよ。多いのは自然葬、自然への散骨だな。ポピュラーなのは海に撒く海洋葬。次が桜やツツジなどの樹木の周りに撒く樹木葬。目新しいところで空に撒くパターン。風船やバルーンで空に飛ばしたり、ロケットや人工衛星で宇宙に飛ばす宇宙葬なんてのもある。

俺は若い頃に「ウルトラマン」でアラシ隊員、「ウルトラセブン」でフルハシ隊員、とウルトラリシーズで世話になったから、遺灰はM78星雲まで飛ばしてもらえたらいいね。それが無理ならシーボーズがいた怪獣墓場でもいいか(笑)。

うちの墓? 家代々の墓があることはあるけど、誰がいつまで墓守を出来るのか考えたら心配は尽きないよ。最近はお墓の問題もよく取り上げられてるよな。代々の墓を守って行けなくなってやむなく「墓じまい」をする人が増えてるんだよな。

不要になった墓石を廃棄する「墓石の墓場」なんてのもあるんだってね。あれ、墓石の文字だけ削ってリサイクルして売ったりしないの? 中古の墓石販売。そういうことしちゃダメなのね。そうか、廃棄された墓石は産業廃棄物扱いになるのか。で、細かく砕いて砂利とか建築資材とか別の使い道に再利用・・・、墓の輪廻転生だな。

人口減少社会で生まれる拝まれない墓

墓じまいが増えるのも人口減少社会という時代の趨勢だろうな。空き家が増える空き家問題が起きてるのと根っこは同じだよ。それにね、墓じまいするからってあまり悲観的になることないよ。墓なんて拝まれる側と拝む側がいて成り立つんだ。拝まれない墓はハカないものなのよ(笑)。

きちんと墓じまいされればまだいいほうでさ、誰も管理できない無縁仏の墓も増えてるんだろ。そこで気になるのが都心の墓地だ。こんなこと誰も言わないだろうから年の功で俺が言うけどさ、都心の墓地って先々見直してもいいんじゃないの?

青山霊園なんか広いだろ。都心の超一等地だ。有名な政治家やら軍人やら学者やら多くの人が眠ってるよ。あの霊園が東京23区では一番広いんだ。将来的にあの土地をどうするか、真剣に考えていいと思うんだ。

青山霊園の土地 活用法見直しは不謹慎ではない

写真AC

あの場所は都立だから東京都の持ち物だ。だけどあの墓に入るにはかなり高額な使用料を払わないと使えないよ。まあ一般の都民には高嶺の花だな。要するに金持ちでないと入れない。セレブの墓場だよ。だから出てくる幽霊も違うよ。よくある白い寝間着だけど布地の裏側に「ハナエモリ」とか「ジュンアシダ」って書いてあるらしいよ。

まあ冗談は置いといて、あの土地がもっと都民に広く活用されるにはどうしたらいいか、見直す話は決して不謹慎ではないと思う。これ、次の世代の為であり、次の東京の為でもある。

青山霊園は今も募集してるの? なになに、毎年50区画ぐらいが抽選になって応募倍率は常に10倍以上なのか。人気あるんだな。ということは、使われなくなった墓が毎年出てきてるってことだ。ならば段階を踏んで、さらに墓じまいを促したり、無縁仏を整理していけば、土地の確保は可能ってことだ。

例えばね、ご遺族の同意を得て、眠っている故人の名をきちんと残す形で集団慰霊碑に移行していく。そうして区画整理で確保した土地を緑地公園にして、地震や災害が起きた際の避難区域に役立てる。または未来ある子どもの為に保育園を開設する。とか、ある程度のスペースを確保できれば色んな使い方が考えられるよ。何しろ本当に都心の一等地だからね。

名古屋の墓地移転 幅100メートルの道路で暮らしが向上

写真AC

そうそう、名古屋の千種区ってとこにある「平和公園」って知ってる? ここはね、戦後の復興期に名古屋の都心部にあったたくさんの寺院の墓地を移転させて集めた大きな墓苑なんだ。そうして墓地の移転で都心部を大胆に区画整理して、広い道路を作って街を発展させようっていう都市計画を実現させたんだ。ちょっと調べてごらんよ。

ああそう、「名古屋市平和公園」だ。広さはどれぐらいになってる? 東京ドームの30倍以上? 広いねえ。そこが見渡す限り墓地だからね。ある意味壮観な眺めだよ。全部で279の寺院の墓地が移転したのか。これは大変な労力だったろうな。そりゃあ一朝一夕には出来ないよ。当時の担当者達が一軒ずつ檀家を回って地道に説得したって話だよ。

大胆な墓地移転の結果、名古屋の都心部に出来たのが幅100メートルある「100m道路」なんだって。墓地だった土地の整理で、今生きている人々の暮らしを向上させ、地元の防災対策にもなるわけだからお墓に眠る故人だって許してくれるよな。

果たして東京都、築地魚河岸移転の次の大事業は青山霊園移転かな? 50年後100年後を考えたらさ、これって単なる妄想ではないと思うよ。

(取材構成:松田健次)

あわせて読みたい

「葬儀」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「安保破棄してくれ」

    小林よしのり

  2. 2

    奨学金延滞の若者が次々と裁判に

    BLOGOS編集部

  3. 3

    日本の本気を選挙対策とみる韓国

    tenten99

  4. 4

    田原氏「麻生大臣とんでもない」

    田原総一朗

  5. 5

    彼女の生理日を知りたい男性9割

    工藤まおり

  6. 6

    海外まできて日本叩く迷惑な人々

    文春オンライン

  7. 7

    堀江氏の保育士めぐる発言に反論

    田中俊英

  8. 8

    点滴を巡る朝日記事に医師が憤り

    高山義浩

  9. 9

    LIXIL総会で株主側が異例の勝利

    川北英隆

  10. 10

    すぐバレる嘘で窮地に陥る文政権

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。