記事

読売テレビ『ten.』の”不適切取材” なぜ報道番組が間違えたのか

1/2
 5月10日にこの番組で起きた不祥事で、番組のリポーターをやっていた芸人の藤崎マーケットへの批判まで出ているが、お門違いという他はない。こうした場合に全面的に責任があるのは放送したテレビ局にある。レポーターはあくまでテレビ局の指示の下で取材し、テレビ局のディレクターが取材には立ち会っている。放送する際にも局の側が編集してプロデューサーなど責任者がチェックした上で放送されているからだ。

 では、当のテレビ局はなぜ間違えてしまったのだろうか。

『ten.』ではコメンテーターの若一光司(わかいち・こうじ)氏が放送中にスタジオで「放送していいのか?」「報道番組なのに」と声を上げた。若一氏が思わず口にした「報道番組」という問題が実はこの背景に横たわっている。「報道番組」というのは報道局が責任をもって放送している番組で「ニュース」がベースになっている。つまり局内での位置付けは基本的には「ニュース番組」なのだ。

若一氏は今回の問題には「本質的問題」があるとまで指摘している。

単なる注意不足ということでは簡単に済ませられない、もっともっと本質的な問題がそこに潜んでいると思います。

出典:朝日新聞デジタル 5月16日 「これを見て震えている人がいる」 だから私は声上げた

 「テレビ報道」を専門としている筆者にもいろいろな報道機関からの問い合わせが来て返答していたが、この問題には筆者自身もかかわっていた、ある背景が存在することに気がついたのでテレビニュースの歴史を踏まえるためにもここで指摘しておきたい。

 それはテレビのニュース番組に全国的に生じた「情報ワイド化の波」である。

 現在、東京も大阪も名古屋も北海道も九州も、夕方の「ニュース番組」は単なるニュースだけ放送している局は数えるほどだ。ほとんどの局では芸能ネタや地域の流行や話題などのトピックスを含んだ「夕方情報ワイド番組」という形式を取っているのだ。簡単に言えば、本質的には「ニュース番組」なのに、ニュースだけでなく他のコーナーを合わせた形で「ごった煮」状態の番組として放送するようになったことが今回の問題の背景にある。

●ニュース番組の「情報番組化」が始まったのは1991年

 夕方のローカルニュースが全国的に大きく変革したきっかけとなったのは1991年のSTV『どさんこワイド』がきっかけとなった。

 STV(札幌テレビ)は日本テレビ系列で北海道をエリアとする地方局である。1991年秋、STVは夕方18時半から19時までまでの30分番組だったそれまでのローカルニュースを改編して、17時から19時までの2時間ワイド番組とし、その中に東京の日本テレビから送られてくる全国ニュースもすっぽり包み込む形に変えた『どさんこワイド120』という番組にリニューアルした。

 その際に、「生放送」「双方向」をコンセプトにして、札幌駅前からの視聴者が参加する生中継コーナーや地元の料理研究家がスタジオで主婦向けに夕食の一品の作り方を生放送で解説する「今日の一品料理」などのコーナーが視聴者から支持された。STVはラジオの兼営局でもあり、アナウンサーはフリートークに慣れている人が多く、番組も「アドリブ」で進行したことも、それまでのお堅いニュース番組のイメージを一掃して「親しみやすさ」を獲得する要因になった。

 またたく間に夕方の視聴率では連日20%を超える「お化け番組」に成長した。

あわせて読みたい

「報道」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  3. 3

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  4. 4

    又吉直樹の新作に直木賞作家驚き

    BLOGOS編集部

  5. 5

    赤字のソフバンに厳しい海外報道

    飯田香織

  6. 6

    衆院解散で追及をかわす安倍首相

    早川忠孝

  7. 7

    麻生大臣がMMT導入を明確に否定

    青山まさゆき

  8. 8

    桜を見る会中止は利益相反の問題

    岩田健太郎

  9. 9

    マラソン開催 都の声に札幌怒り

    文春オンライン

  10. 10

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。