記事

街で見かけた子どものひどい叱り方 「あんたなんか産まなきゃよかった」「“てめー静かにしとけ”と平手打ち」

そこまで言わんでも……と思うケース、よくあります

みなさんは他人を叱ったことがあるだろうか。管理職だと、どうしても立場上叱ることはあるだろう。僕は未だに管理職なんかに就いたことがないので、その経験はない。

せいぜい公園とかで、動物を無闇やたらに追いかける子、いじめてる子どもをたしなめる程度のものだ。親が叱責しないんだから他人の僕がやるしかない。まあ、その親がめっちゃゴリゴリに日焼けしてて輩めいたら、流石に怖すぎるので見なかったふりをするかもしれないが……。

それにしても世間には、叱り方が下手な人が多いとは思わないか。叱ると言うか、自分の感情をやたらにぶっ放すだけの人。今日はそんな人々をテーマにしたい。(文:松本ミゾレ)

父親が子どもに「おめぇ見てるとイライラすんだよ!」と激昂、母親はだんまり


先日、ガールズちゃんねるに「『そんな叱り方ないんじゃ…』という叱り方を見た人」なるトピックが立っていた。トピ主の主張が「うっわ~、あるある」だったので、ちょっと紹介したい。

トピ主は買い物をしていたショッピングモールで、やんちゃ系の家族を見かける。その家族の父親が、5歳ぐらいの息子に「おい! 早く来いよ! おめぇ見てるとイライラすんだよ!」と激昂していたというのである。母親は母親でその状況を見ても何も言わず、ジーッと息子を見てるだけ。

トピ主はその有様を見て「そんな言い方ないだろ」と思ったそうだ。その上で、こういう理不尽な叱り方を見たことがある人の目撃談を募っていた。

なんだろう。ショッピングモールってこういう光景多いよね。特に昼間のフードコートはすごい。僕も先日、やんちゃな家族が大騒ぎしているのを目撃した。このときは母親がグズる娘に「おめぇ置いて帰るぞ! いいのか!」と恫喝していた。

恫喝して言うことを聞かせても躾にはならないんじゃ?

トピックには実に多くの、理不尽な叱り方を目撃した人々の書き込みが寄せられている。いくつか目に付いたものを引用の元、紹介させてもらいたい。

「保育園の前で駄々をこねてる男の子に対し、『あんたなんか大嫌い!あんたなんか産まなきゃよかった!』って叫んでる人がいた」
「電車とかで落ち着きない子に対して、母親はスマホから目を離さず『座れ!』って叱ってるのよく見るけど、そんな言い方じゃあそりゃ子ども言うこと聞かんわなと思う」
「この前子供を見失ったらしい父親が『オイどこ行ったんだよ!? 許さねえぞオラ!』って怒鳴ってて、驚いて振り返ったら眼鏡かけたどちらかといえば地味な人だったから余計ビックリした。しかも子供はまだ小さい子だったし。人目がある場所であんな感じなら家だともっと酷いんだろうな」
「スーパーでのこと。1、2歳くらいの子に『てめー静かにしとけ』って言いながら平手打ちしてたから、怖いと思って逃げてしまった。スーパーうろちょろしてたらまた遭遇して、また平手打ちしてた。その子の頬は真っ赤だった。通報しました」

こういう具合に、理不尽な叱責は子ども、それも自分の子どもに向けられていたというケースが数多く目に付いた。

子どもが言うことを聞かないとき、躾として何か指示するのはもちろん大事だけれど言い方ってものがある。大人でもびっくりするような言い方をしたら、子どもは言われていることの意味や背景を理解する前に「とりあえず怖いから言うこと聞いておこう」ってなるんじゃないだろうか。それじゃ本末転倒なのに。

子どもも辛いだろうし、周りにいる子ども好きな人がこういう光景を見るのも辛いだろうなぁ。こういう叱り方は親の自己満足にしかなってないって、そろそろ気づくべきじゃないだろうか。

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    彼女の生理日を知りたい男性9割

    工藤まおり

  2. 2

    よしのり氏「安保破棄してくれ」

    小林よしのり

  3. 3

    堀江氏の保育士めぐる発言に反論

    田中俊英

  4. 4

    徴用工問題避けたい文政権の本音

    文春オンライン

  5. 5

    すぐバレる嘘で窮地に陥る文政権

    高英起

  6. 6

    安倍内閣の数え切れぬ不信任理由

    大串博志

  7. 7

    銀行員のジーパン勤務OKに大賛成

    川北英隆

  8. 8

    度を超す学歴重視が生む教育虐待

    おおたとしまさ

  9. 9

    自民党に鞍替えする政治家に嘆き

    早川忠孝

  10. 10

    ジャニー氏 社長はSMAP元マネに

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。