記事

【ナイキ】、スキャン一発で足の採寸イノベーション!ナイキフィットは体までスキャン?


■大手チェーンストアなどアメリカ小売業は買い物の利便性を高めるアプリ開発に注力している。アメリカ流通業のイノベーションはインストア・アプリに集中しているのだ。

ホームセンター最大手のホームデポでは来店客の半数がネットにアクセス後に店にやってくるという。ホームデポのインストアアプリで目当ての商品を確実に購入するため最寄り店のリアルタイム在庫を確認した後に店にやってくるのだ。

ホームデポのアプリにはリアルタイム在庫機能の他に2D/3Dマッピングやイメージ検索、DIY初心者向けのツールボックスなど多くの機能が入っている。

Eコマースで好調さを維持するウォルマートもイノベーティブ・アプリ機能がインストア・アプリに満載している。スーパーセンターに行くと、ウォルマート・アプリがストアモードに切り替わり、店内マップで商品検索が出来たり、プライスチェッカーで価格を調べられるなど、その店の情報を得られやすくなる。新しく追加されたARスキャナー機能を使うと商品を比較しやすくもなる。

店によってはアプリがないと買えなかったりする。ニューヨーク5番街52丁目に昨年11月オープンした「ナイキ・ハウス・オブ・イノベーション000(Nike House of Innovaiton 000)」ではナイキ・アプリが無ければ靴を買うことも、靴の試着もできない革新的な店舗だ。

ナイキ・ハウス・オブ・イノベーション000ではアプリがストアモードとなる「リテールモード(Retail Mode)」となり、マネキンの足元にあるQRコードをスキャンすることで、マネキンが着用しているそれぞれの商品情報を入手できる「ショップ・ザ・ルック(Shop the Look)」、店頭商品のバーコードをスキャンし、自分に合うサイズの在庫を確認し、スタッフにアイテムを試着室に送るよう依頼ができる「スキャン・ツー・トライ(Scan to Try)」、レジ行列に並ぶことなく購入できるモバイル・チェックアウト機能の「インスタント・チェックアウト(Instant Checkout)」などそれぞれの機能が利用可能となる。

ナイキがアプリに革新的な機能を加える。

 ナイキが9日、モバイルアプリの新機能にカメラで足を撮影するとぴったりなサイズを教えてくれる「ナイキフィット(Nike Fit)」を追加すると発表した。

ナイキによると、ナイキフィットはコンピュータービジョンやデータ・サイエンス、マシン・ラーニング、人工知能(AI)、レコメンデーション・アルゴリズムを組み合わせた独自のスキャン機能だ。

使い方はアプリを起動し、スマートフォン・カメラで両足を撮影するだけ。ナイキフィットは1回のスキャンで足長や足幅だけでなく、甲の高さや足首など13ヵ所のデータを収集する。

左右の足それぞれの形状から体積まで完全に測ることで、ぴったりフィットするナイキ・シューズを選べるようになるのだ。

計測したデータは、ナイキ・プラス会員のプロフィールとして保存され、ナイキのオンラインショッピングや店頭でシューズを選ぶときなどに参照できる。

ナイキによると商品購入者の5人に3人となる約60%の人がサイズが合わない靴を履いており、北米市場においては年間約100万人が間違ったサイズの靴を購入している。

ぴったりフィットする靴を購入することができればブランド価値が上がるだけでなく、返品等のロスも大幅に抑えることが可能となるのだ。

なおナイキフィットは7月からアメリカ国内で利用可能となる。

 流通におけるデジタル革命の多くがアプリに集約されており、アプリ・イノベーションの一つには個々に最適なパーソナライゼーションを提供することになる。アメリカ小売業界において革新的なアプリ機能の出現はまだまだ続きそうだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。おかげさまで当社のIT&オムニチャネル・ワークショップは高い評価をいただいています。当社の評判を人づてに聞いてコンサルティングの問い合わせがひっきりなしです。後藤のスケジュールがいっぱいとなり、依頼をお断りするケースも増えてきています。

満足度が高くなるのは、当社では世界最新・最先端な流通イノベーションを体験しながら多くのケーススタディを交え、様々な角度から考察してもらうからです。例えばモバイルオーダー&ペイでも実際にメニューを注文するだけでなく、どんな失敗事例があったかを考えてもらい、そのソリューションまでブレインストーミング的にアイディアを出してもらいます。

実際にあった改善事例の答え合わせまで提供し、さらに洞察を深めていくのです。当社のコンサルティングは、はからずもMBAのアプローチとなっているのです。興味深いのは当社クライアントに外資IT系企業やコンサルタント企業、マーケティング企業が増えています。

⇒小売関係でも二代目、三代目となる若い経営者がクライアントに多いのも特徴ですね。元号も平成から令和となり、アメリカ小売業視察の在り方も変わってきています。旧態依然の「売り場を回って店長インタビュー」では今のアメリカ小売業を知ることにはなりません。

自動車の時代になっても馬車を見に来るような古い感覚の米国視察研修が後を絶ちません。誰もが銃を持つような時代になっても、自分たちの若い時は槍や刀を使っていたからと、若い社員にはチェーンストアで商品構成を調べさせたりします。皮肉なことに、若い層ほど銃となるスマートフォンを日常的に使っているにもかかわらずです。

こういった現象は、平成の大ベストセラー「バカの壁」にあらわされています。「バカの壁」を言い換えれば「思い込み」です。例えば、チェーンストアの思い込みの一つに「お客はお店に買い物に来る」というものがあります。しかしながらアマゾンの台頭により「売り場で買い物をする」という前提が崩れています。

⇒さらに言えば「ファッションの買い物には試着が必要なため、お店で買い物する」という前提もありました。こちらももろくも崩れ去っています。先日、視察でロサンゼルスの副都市にあるウエストフィールド・センチュリーシティSCに行くことがありました。

富裕層が多くすむビバリーヒルズに近く、アップルストアやティファニー、テスラなど優良テナントが集まっているオープンモールですが、2階部分の多くが歯抜け状態になっていて驚きました。流通イノベーションでショッピングセンターにも客が来なくなっているのです。食品スーパーでさえ、宅配サービスやカーブサイド・ピックアップ、最近ではデリのモバイルオーダーまでイノベーション開発に着手しています。

バカの壁となる思い込みから逃れられないということでしょう。日本からやってくる流通視察で、アメリカ小売業のアプリさえ使わないのがいまだ多いのです。見方を変えれば、だからこそ当社にコンサルティング依頼が絶えないということです。

 IT&オムニチャネル・ワークショップは他社にはできない、当社だけのオリジナルカリキュラムです。カリキュラムにナイキフィットが加わります。近い将来、スキャン一発で身体サイズのデータ収集も可能なイノベーションがアプリに追加されますね。

あわせて読みたい

「ナイキ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    休業要請 ネカフェ難民どうする?

    水島宏明

  4. 4

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  5. 5

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  6. 6

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  7. 7

    専門家組織がたばこ生産停止要請

    ロイター

  8. 8

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  9. 9

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。