記事

幻冬舎・見城徹さんが『日本国紀』(百田尚樹・著)をコピペとDISった作家・津原泰水さんの実売を晒して炎上したので津原作品をお薦めしておく

 文脈としては、幻冬舎・見城徹さんが作家の百田尚樹さんとの個人的な政治信条や交友関係もあって百田尚樹さんの『日本国紀』推しを続けているのは分かるんですけど、売れる売れないはともかくコピペ批判ぐらいは受けて当然とスルーするぐらいが良かったと思うんですよね。

百田尚樹『日本国紀』コピペ論争と歴史通俗本の果てなき戦い(山本一郎) - Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20181222-00108643/

 ところが、幻冬舎で執筆している作家の津原泰水さんがこの『日本国紀』のコピペを指摘したからと言って、津原さんの幻冬舎での文庫化の企画を潰したり、ネットで津原さんの刊行した小説の実売部数を晒したり、見城徹さんの見識が疑われる事態になるのは仕方がないことだと思うんですよね。



楽天ブックスはこちら
Amazonはこちら

 しかも、見城徹さんと普段親しそうにしている筋や、普段あれだけ死ぬこと以外はかすり傷といっていた箕輪厚介さん以下関係者があんまり見城徹さんのやらかした内容について擁護どころか見解を書きもしないというのは、「見城組」とも言われる友情で結ばれた絆の深い集団として情けないというか、恥ずかしい事態のようにも見えます。これから何か言われるのかもしれませんが。

 ただ、今回の一件で、俄然『作家・津原泰水』が注目されたのも事実でありまして、ここで「一冊津原作品を薦めろ」と言われたらすぐに思いつくのは『Eleven』(河出文庫)です。「五色の舟」に込められた何とも言えない感情が文章から湧き上がってくる心象がたまりません。

 単に「お薦めだよ」というよりは、ああ、これが津原泰水なのかという感じになるし、幻冬舎相手に津原さんが何かを言い、見城徹さんがどんな振る舞いをしても「どっちが出版文化を支えているだろうか」と言われれば自明なんじゃないかとすら思うんですよね。だって凄い小説なんだもの。見城徹さんの代わりは山ほどいても、津原さんを超える作家はお目にかかれないだろうという点で、この騒動を見た本読みはだいたい津原さんに同情を寄せるんじゃないでしょうか。

 もちろん、対比として60万部以上を売ったとされる『日本国紀』と、5,000部刷って1,000部も売れなかったとする津原さんの本とのコントラストは、まさにいまの出版事情を示していると思うんですよ。売れるのが正義だというのもまたひとつの真理として、一方で「名作として評価され、読み継がれるもの」という点でもまた正義だと思うわけです。決して幻冬舎の商法が何も知らない人を煽って騙して売りつけるものだとまでは申しませんが、良いものを作る努力をしている人たちや、そういう作品を売ろうとしている人たちの熱意や才能をもう少し評価してあげられる幻冬舎であってほしいなあ、と。何しろ現場や担当が可哀想なので。

 なお、『日本国紀』のコピペ問題というのは「どうしてこうなった」としか思えません。有識者からの指摘も相次ぎましたが、エンターテイメント本なのか歴史通説本なのか微妙なところで「そういうものを信じたい人に届ける」ことが大正義になっている以上、どうにもならんのでしょう。今回の見城徹さんの炎上劇がもしも何らか誰かの役に立つとするならば、そういう”商法”がもう少し上品になり、裏付けがしっかりあるものが大衆に好まれ読まれる出版文化の方向へ進んでいってほしいといったところでしょうか。

 繰り返しになりますが、あれだけ日ごろ見城徹さんと親しい、見城徹さんと一緒に仕事をしている、見城徹さんは素晴らしい人物だ、と仰って来た著名人の人たちが、一連の見城徹さんのコメントを見てどう思ったのか、それでもなお擁護するのか、いや、見城徹さんの物言いはいかがなものか、と綴るのか、ちゃんと意見をしてほしいと思うぐらい強烈な事案だったと思います。

(追記 23:12)

 アフィを記事下にもう一個貼れってことなので、Amazon貼っときます。



 うん。

やまもといちろうメルマガ「人間迷路」

あわせて読みたい

「幻冬舎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小島慶子氏の旭日旗批判は筋違い

    和田政宗

  2. 2

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  3. 3

    竹本氏にIT大臣ムリ 投資家断言

    内藤忍

  4. 4

    中国の無人コンビニが失敗した訳

    文春オンライン

  5. 5

    北の日本製レーダー 韓国に疑念

    NEWSポストセブン

  6. 6

    安倍政権下での改憲反対は言い訳

    小林よしのり

  7. 7

    日本車が変えたスリランカ象文化

    にしゃんた

  8. 8

    進次郎氏の美辞麗句で小池氏想起

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    宮城県が安重根記念碑の看板撤去

    和田政宗

  10. 10

    日韓関係悪化は日本のチャンス

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。