記事

池袋老人暴走事件の遺族の方の会見とマスコミの伝える義務

 池袋老人暴走事件の遺族の方の会見があった。事件から一カ月たち、「生き地獄」と描写した状況を伝えてくれた。
https://www.youtube.com/watch?v=lwwu59i9TTI

 会見を開いた遺族の方の勇気に感銘を受ける。悲しいことだが、こうした現実が、この事件の不条理を物語っている。こうした現実も知られていくべきだ。敬意を表する。

 俳優の風見しんごさんのように、継続して事故と向き合って伝え続けてる方もいらっしゃる。
https://gozzip.jp/28755/
 だが突然の事故に遭遇した一般の方には、こうした方法もとれない場合が多いだろう。

 裁判も終わらないどころか、うっかりすると始まらないうちに、加害者のほうはこの世界から去る。
https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/16/0012335710.shtml 

それなのに被害者のほうが取り残され続ける。数多くの戦争、犯罪、災害、事故の不条理の度合いに程度の違いがあるとは言えないが、老人暴走事件にわれわれが受ける不条理感は、半端ではない。
http://agora-web.jp/archives/2038727.html

 大津市の園児殺傷事件の際の記者会見のあり方をめぐって、マスコミ批判が巻き起こった。「国民の知る権利」なるものを持ち出す識者の方々もいた。正しくは「伝える義務」のことだろう。権利あるところに、義務がある。マスコミは権利行使の代行者というよりも、社会的に意義あることを伝える「義務」の遂行者のはずだ。「国民」などといった集合的な他人の権利の代行を言うのであれば、マスコミの「伝える義務」をどう継続的に果たしていくか、メディア関係者には、そういう正しい「義務」の遂行方法を、考えていってほしい。

 少子高齢化社会では、統計的には、相当程度の蓋然性で、類似の事故が増えていくのだ。池袋暴走事件の一度の報道で、日本全国の老人たちが、事故を起こさない人間に生まれ変わっていく、などいうことは、決してない。継続的に「伝える義務」を果たす方法を考えていかなければならない。

 遺族の方々は、人生の意味を見出すために苦闘していく。
https://inochi-museum.or.jp/information 

もちろん遺族の方々の迷惑になることについて「知る権利」も「伝える義務」もない。しかし遺族の方にとって意味があることについては、今後も継続して伝えていく「義務」が、事件を報道した者には、今後も存在し続けるのではないか。

あわせて読みたい

「交通事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  2. 2

    韓国法相辞任で文政権崩壊はない

    文春オンライン

  3. 3

    法相辞任 文政権は崩壊に向かう?

    早川忠孝

  4. 4

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  5. 5

    教師間いじめ 評価高い加害教諭

    非国民通信

  6. 6

    ラグビー主将が忘れぬ日本の募金

    文春オンライン

  7. 7

    台風19号を政争の具にする愚かさ

    自由人

  8. 8

    少女像以外も政治的なあいトリ

    紙屋高雪

  9. 9

    素人の台風撮影に頼る報道へ苦言

    krmmk3

  10. 10

    横浜・鶴見川 今後も氾濫の危険

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。