記事

池江選手「早ければ今秋退院も」専門医語る五輪出場の可能性

(写真:アフロ)

2月に白血病であることを公表した競泳の池江璃花子選手(18)。3月13日の更新を最後にTwitterの更新がストップしていたが、5月8日には公式ホームページを開設。そのなかで《正直、心が折れそうな時もあります。ですが、たくさんの言葉にはげまされ、最後まで頑張りたい、負けたくないという気持ちがこみ上がってきます》と、前向きに闘病する様子を明かしていた。

復活に向け、いまも孤独な闘いを続ける池江選手。彼女が奮闘するのには“理由”があった。池江選手は3月13日に投稿したTwitterで《東京オリンピックまであと499日 1日遅れちゃった まだまだ諦めないぞー!!》と病床から強い意志を表明。さらに池江を指導する三木二郎コーチ(35)も、2月の会見では「強くなって戻ってくると信じている。可能性はゼロではない」と語るなど、五輪への希望をつないでいた。闘病中の彼女が出場できる可能性は、果たしてどの程度あるのだろうか。水泳協会関係者は語る。

「東京五輪の代表選手になるには、2回のチャンスがあります。まずは、今年7月に開催される世界選手権の個人種目で金メダルを獲得すること。もしくは、来年4月に行われる日本選手権で好成績を残すことです。現在の病状から、池江選手が世界選手権に出場することは難しいかもしれません。しかし、日本選手権に出場できる可能性はゼロではありません。そこで選考基準以上の成績を収めることができれば、五輪出場も十分ありえるのです」

さらに白血病に詳しい江戸川病院腫瘍血液内科副部長の明星智洋医師も、池江選手の五輪出場の可能性を後押しする。

「報道されている状況から池江選手がリンパ性白血病だと仮定した場合、骨髄機能の回復を目指す『寛解導入療法』が最初に始まります。その次に、検出できないがん細胞を徹底的にたたく『地固め療法』が待っています。こちらは抗がん剤を4~5回ほど投与します。1回あたり1ヵ月ほどかかるでしょう。途中でトラブルもなく順調に治療が進んだ場合は、今年の秋ぐらいにある程度の治療が終わる可能性もあります。そうなれば退院も夢ではありません。その後は入院生活で落ちた筋力を元どおりに回復させる必要があるでしょう。来年4月の大会に出ることも不可能ではないと思います。池江選手の努力次第ですが、希望を捨てずに頑張ってほしいです」

公式サイトで《待っててくれている皆様に1日でも早く良い報告ができるようにしたいと思います》とつづっていた池江選手。東京五輪での“奇跡の復活”を目指して、池江選手の闘いはこれからも続く――。

あわせて読みたい

「池江璃花子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  2. 2

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  5. 5

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  6. 6

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  7. 7

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  8. 8

    山口FGで起きた「山口の変」が示唆する地銀改革を邪魔する根源

    大関暁夫

    09月24日 14:34

  9. 9

    中国人民銀、仮想通貨を全面禁止 「違法」と位置付け

    ロイター

    09月24日 19:05

  10. 10

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。