記事

小4少女虐待死で母親に懲役2年求刑

千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(当時10)が、今年1月に自宅浴室で死亡した虐待事件で、父勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=の暴行を制止しなかったとして障害ほう助罪に問われた、母なぎさ被告(32)は、昨日16日、千葉地裁の初公判で、「間違いありません」と起訴内容を認めました。

検察側は、懲役2年を求刑し、即日結審し、判決は6月26日に言い渡されます。この事件は、ほんとうに心痛む虐待死で、途中で大人が防げたはずという無念な思いがします。学校のいじめアンケートで「お父さんに暴力を受けています。先生、どうにかできませんか。」と訴え、千葉県柏児童相談所が一時保護しましたが、帰しててしまった後で殺されてしまっています。市教育委員会が回答のコピーを父に渡してしまった、という許せないことが起きています。

また、柏児童相談所が、保護を解除し、親族宅からの帰宅を認めた判断も、甘すぎるとしか言えません。母なぎさ被告の初公判では、次々にひどい虐待の実態が明らかになり、傍聴席からは、すすり泣く声も聞こえた、ということです。1月22日の夜、勇一郎被告が「壁に向かって立っていろ」と心愛さんを立たせ、寝いったすきに寝室に来た心愛さんに激怒し、食事を与えず、トイレにも行かせずに足踏みを続けさせた。

24日の午前1時ごろ、勇一郎被告は、心愛さんをずっと風呂場に立たせていて、肌着1枚パンツ1枚で、立っているのに疲れて座ると叱責し頭から冷水をかけたりした。同日の夜9時すぎに、心愛さんは、洗い場であおむけに横たわっていて、亡くなった、ということです。

児童虐待防止法の改正などに取り組んできた立場からは、教育委員会の対応もなっていないし、柏児童相談所は、心愛さんが、父親から下着をおろされたと医師に訴え、性的虐待の疑いがあると診断された約2週間後に一時保護を解除していて、これも考えられない対応です。いくら法改正をしても現場での児童虐待に対する感度が鈍ければ、犠牲は防げないと思います。もっと、職員の研修なども必要だと思います。

そして、母なぎさ被告への求刑ですが、なぎさ被告自身が、夫の勇一郎被告からDVを受けていた被害者でもあることを見逃すわけには、いきません。日頃からDVを受けていて、娘を連れて逃げ出すこともできなかった。夫に「これ以上やらないで。通報する。」というと、胸ぐらをつかまれ床に押し倒され、馬乗りになってきた。苦しいというと、ひざかけを口の中につっこまれた、と暴行された様子を語っています。

DV防止法も作ってきましたが、DVの被害者は、加害者にマインドコントロールされたようになり、無力感で何も逆らえなくなります。そうしたDVの実情も考慮して、本来は、児童虐待から子どもを救うと同時に、DVから母親も救う必要があったのだと思います。確かに、夫に迎合して、虐待に手をかしていた、とみられることもありますが、DV被害者について詳しい人の判断を加味して、判決が出されることを望みます。

あわせて読みたい

「野田市の女児虐待死事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。